ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とにかく自分の臭いが気になる「くさいくさい病」に!それが私の「つわり」の始まり

f:id:akasuguedi:20170915023556j:plain

初めての妊娠だったので、妊娠したら読む雑誌やネットの妊婦記事を読み漁りましたが、いまいち「つわり」の感覚がよく分かっていない頃でもありました。

体験談を読んでも人それぞれで、

「自分には全くあてはまらないなぁ…もしかして、自分にはつわりはないのかも?」

とタカをくくっていました。

ところが、ある時から急に自分の口臭が気になるようになりました。

本当に突然のことでした。

例えるなら、虫歯の人からしてくるような口臭が、自分の内臓から湧いて来てる…

そんな感覚でした。

(因みに虫歯はありません)

最初は何となく気になったのですが、臭いは次第に強くなり、時には別の臭いまでしてくるようになりました。

嗅いだことはないのですが、何となく「鼻水の臭いではないか?」という不快な臭いが毎日自分からしてくるようになり、会社でも他人に迷惑をかける程、臭いがしているのではと不安になりました。

主人に口臭を嗅いでもらったのですが、「特に臭くない」と言われ、じゃあこの私が感じる臭いは何なのだと思えば思うほど、臭いが気になって仕方なくなり、1日に何度も歯磨きをしていました。

この時、夫婦の間では「くさいくさい病」と呼んでいました(笑)。 関連記事:匂いが気になる

ネットで「喉の奥から鼻水のような臭い」「妊婦 口臭」などいろいろと調べていると、似たような体験談を発見して安心したものです。

その臭いを打ち消すために、飴を頻繁に食べるようになりました。

飴を食べている間は、不快な臭いを感じないことに気づき、仕事中はグミを食べ続け、自宅ではずっと飴を食べる生活が始まりました。

これが結局、つわりの始まりとなりました。

元々、のど飴くらいしか食べないタイプでしたが、この時期は、本当に頼りになるアイテムでした。

グミに関しては、1日1袋以上は食べていました。

その後、12週目検診の時に、体重が凄く増えていることと、糖質の摂りすぎを指摘され、つわりのピークを越えてから体重の調整をしました。

当時はこれがないと乗り切れなかったので…。(実際やめたら-1.2kgとなりました) 関連記事:においつわりから救ってくれた神アイテム!

もし同じ様な臭いで悩まれている方がいたら、まずは身近な人に臭いの確認をして貰うことをオススメします。

変な話ですが、これがコミュニケーションのひとつとなってとても良かったと思います。

まもなく5ヶ月を迎えようとする私は、「くさいくさい病」、完治しました!

必ずピークは過ぎ去るので、上手に乗り越えて行きましょう。

著者:なつみ

高齢出産のスタートラインに立った、初マタです。

仕事をしながら、体力と向き合いながら、楽しいマタニティライフを目指します!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

あれ?つわりが終わらないぞ?前期・中期・後期と違う種類のつわりに見舞われた!
一人目と二人目でもつわりは違う。でもいつか必ず終わりは来ます!
妊娠初期の旅行

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy