体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“女性野球選手VSエイリアン” 地球存亡をかけた壮絶なる死闘がここに!?ご意見無用・突っ込み上等の破天荒アクション『Aliens Go Home Run』

圧倒的な点差からの大逆転に激しい延長戦、通算68本塁打という新記録が叩き出されるなど、夏の風物詩である甲子園は、今年も熱狂の末に幕を下ろした。そんな甲子園から半年以上も前、ある女性の野球選手が地球存亡をかけた戦いに身を投じていたのをご存じだろうか。今回紹介するのは、そんな女性野球選手の死闘の軌跡を綴った『Aliens Go Home Run』である。
 
image21
 
全ての始まりは、ある快晴の日。
街外れのグラウンドで、女性野球チームの試合が行われていた。
 
image1
 
ピッチャー、勢いよく投げた!
 
image20
 
バッター、クリーンヒット!
 
image6
 
素晴らしい当たりだ!
伸びる、伸びる、伸びるーッ!
これはホームラン間違いなし!
……って、ボールが大気圏を突き抜けたぞ!
どこまで伸びるぅーーッ!?
 
image22
 
!?
 
image18
 
んほーーーーー!!
 
image14
 
おどりゃ、地球人ッ!!!
こっちがのんのん過ごしてる所に奇襲たあ、
上等じゃねえか、オラァッ!
 
image19
 
てめえら全員、整理してやらぁーーッ!

……ということで、エイリアンの軍勢が宇宙より襲来。
試合どころではなくなり、地球存亡の危機が訪れた。
 
image13
 
そして、この事態にホームランを放った女性選手はバットとボール片手に迫りくるエイリアン軍に単身立ち向かう。自らのせきに…じゃない!地球を守る為に!
かくして2017年1月28日、配給Steam、スポンサー「ANIM・ACE(インディーデベロッパー)」の提供による、野球選手とエイリアンの壮絶な死闘の幕が開いたのである。

バットとボールでエイリアン…ではなく、ブロックをぶっ壊せ!

image10
 
そんな訳で、地球外ホームランを引き金に侵略してきたエイリアン達を母星に「Go Home」させるべく、女性の野球選手となって戦うアクションゲームというのが本作の大まかな内容だ。

「野球」の単語から、スポーツゲームを連想したかもしれないが、そんなものではない。そもそも、エイリアン達は地球人の奇襲に憤慨し、侵略してきたのだ。9イニングに渡る試合を正々堂々行おうとするスポーツマンシップの精神など、欠片も持ち合わせていない。彼らは生存の為、良心や後悔などに影響されない究極生物なのだ。よって、我々地球人はあらゆる手を尽くし、母なる大地・広い世界の私達の地球(ほし)を守るべく、インディペンデント精神で立ち上がらなければならない。

それでは、どのようにしてエイリアンと戦っていくかを解説していこう。
 
image9
 
武器は木製バットとボールだ。これを手にした選手をキーボード、或いはゲームパッドで動かす。そして、バットでボールを打ち飛ばし、上空に浮かぶブロックを壊していく
 
image17
 
壊している最中には、エイリアン達が選手を消し炭にするべく攻撃を仕掛けてくる。彼らの攻撃を浴びてしまうとダメージとなり、三回喰らってしまうとゲームオーバーだ。また、打ち飛ばしたボールが地面に落ちてもペナルティはない。なので、仮に打ち漏らしても、落下した場所から再度飛ばすことができる。我々はエイリアンとの地球存亡をかけた戦いに臨んでいるのであって、球遊びをしているのではない。なので、注視すべき対象はエイリアンただ一つ。ボールがどうなろうと気にする必要はないのだ。球は球でも、地”球”の方を気にするべし
 
image9
 
なお、ボールがエイリアンに命中するとダメージを与えられ、一時的に彼らの動きを止めることができる。何回かボールを当てると、エイリアンは爆発四散。その場から退場する。
だが、退場してから数秒後、エイリアンは増援という形で復活する。彼らは地球人の奇襲攻撃に憤慨し、侵略してきた者達だ。例え一匹倒しても、その三十倍が補欠で控えているのである。よって、倒した所で訪れるのは一時の平和。彼らの攻撃はエンドレスサマーなのだ。
 
image11
 
完全に黙らせる手はただ一つ、ブロックの全破壊である。理屈は分からないが、ブロックを全て破壊するとエイリアン達は連鎖的に爆発四散。そのまま脅威が消え去って、戦闘終了となるのだ。よって、我々地球人はこれを成し遂げる為にボールを打ってブロックを壊し、エイリアン達をまとめて「Home Run」で「Go Home」させる。その繰り返しに終始するのだ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。