体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私がやっているのは、愛の告白」——マリエ、1万字インタビュー(前編)

「私がやっているのは、愛の告白」——マリエ、1万字インタビュー(前編)

あの「マリエ」だ。

もう10年ほど前だろう、彼女をバラエティ番組などでよく観たのは。聞けば、テレビのレギュラーは最大週9本、年間で150本の番組に出ていたという。そんな彼女に、こんなかたちでインタビューする日が来るとは思っていなかった。

2017年6月、マリエは自身のブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカル マリエ デマレ)」を立ち上げた。ECでも販売せず、東京にも店舗を構えない。それどころか、「今まで知らなかった、“ファッション(技術と流行)を作る日本”を知ってほしい」と、北は仙台から南は鹿児島まで全国16ヶ所、セレクトショップや生産業者を訪ねるバスツアーまで開催している。

10年前と今では、その生き方は飛距離がありすぎる——ということで、じっくり90分、話を訊かせてもらった。インタビュー前編の今回は、セレブタレントとして「売れた」彼女が見た景色、そして向き合った自分自身についてだ。

「有名になったとき、思った。
  『自分がなりたいかたちで
 有名になったのかな?』って」

——ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」、そしてツアーという試みも気になるんですけど、まずはどうしてもライフヒストリー的なところが気になって。訊いてもいいですか?

「はい、もちろんです」

——ありがとうございます。やっぱり私は、テレビで見ていたマリエさんのイメージがすごく強くて。モデルを始めたのは、小学校5年生の時ですよね?

「はい、10歳ですね」

——そこからファッション誌『ViVi』(講談社)の人気モデルになり、タレントとしても人気が出て。ご多忙だった当時は、どんな感じだったんですか?

「そうですね……。当時はお仕事を断るとか、そういうことがわからなかったので、来た仕事は全部引き受けて。モデルの仕事もしていたので、朝6時ぐらいに集合して撮影して、12時ぐらいに終わって、お昼からテレビの収録、夜からは深夜番組の収録、それからインタビュー2本くらい受けて帰る、みたいな」

——……寝てませんよね?

「そうですね(笑)。最高で100日ぐらい休みなしとか」「私がやっているのは、愛の告白」——マリエ、1万字インタビュー(前編)

アトリエには当時の思い出の品も残されていた

「でも、逆に嬉しかったんです。仕事がある喜びというか。ただ、22〜24歳とか——特に女性はそうだと思うんですけど、二十歳を過ぎると『今後どうするのかな?』っていう、気持ちのブレみたいなのがすごくあったと思うんですね。普通に大学に行ってたらちょうど卒業して就職する年で、結婚するのかなあ、とか、自分のやりたいこと——人にバカにされそうな夢とか、追っててもいいのかな?とか。忙しいなかで、無意識ではあったけどそういうのがあったのかなと思います」

——夢って、パーソンズ美術大学に行くことですか? 17歳の時からの夢だったとどこかで読んだことがあって。

「そうですね。ずっとパーソンズへは行きたいなっていうのはありましたね」

——それはどうして?

「本格的にバラエティ番組に出はじめたのが18歳のときだったんですけど、その前はやっぱり成功するチャンスがあるのかもわからないから、進路のことも考えていて。親が『進路どうすんの?』ってよく訊いてくるのもあって(笑)。大学行くなら、やっぱり美術大学に行きたいなっていうのはずっとあって、日本の美術大学もいいし、アントワープ(ベルギー・アントウェルペンにあるアントワープ王立芸術アカデミー)にも有名なところはあるけど、ニューヨークが漠然と好きで、憧れというか。だから、パーソンズに行きたいと」

——それは、有名になりたい、大物になりたい!という気持ちからというか。

「みんな育つ環境がちがうから、私だけがこうなのかわからないけど(笑)。当時はなんか、有名になることがすごい!みたいな。歌手でも女優でもモデルでも、スターになったら成功という感じで世の中をとらえていたというか」

——なるほど。

「でも結局有名になったとき、『自分がなりたいかたちで有名になったのかな?』って。もちろん、それで学んだこともたくさんあるけれど、サティスファクションとしてはね、自分は満たされなかったっていうのはあります」

——当時はご自身のことを「色もの」だとおっしゃっていて。

「思ってましたね(笑)」

——モデルの仕事はデザイナーや雑誌の編集者に求められるもの、テレビの仕事はディレクターに求められるものっていう、それぞれの答えの出し方はお上手だったと思うんです。

「嬉しい(笑)。そういう自分もいるということは、楽しいことでもあったんです」

——それがある年齢に達したとき、「求められるものを差し出す」以上の、それこそ「自分って何なんだ?」というところに向き合いたくて留学に行ったんじゃないか——というのが私の見解なんですけど(笑)。

「ははは。おっしゃるとおりだと思います。そこに漠然と『好きなこと=デザイン、アート』っていうのがあったので、それがその後の大きなヒントになったんじゃないかな。ファッションといってもいろんなものがあるし、それを考えていくうえで、自分が好きなものが何かわかっていたのは嬉しかったですね」「私がやっているのは、愛の告白」——マリエ、1万字インタビュー(前編)

パーソンズ美術大学でとりくんだ課題を開くマリエ。マーケティングの授業では日本の某家電量販店をプレゼンしたそう

——ファッションには小さい頃から興味があったんですか?

「そうですね。私末っ子なんですけど、姉がふたりいて、すごくおしゃれで。当時はもうなんでも真似したいっていうか(笑)」

——私も姉がいるのでわかります(笑)。

「姉の読んでる雑誌とか、学校に行ってる間にちょっと見たりして」

——ちょっとズレてるのがバレて(笑)。

「すごく怒られたりとか(笑)。あとは、小学校がかなり厳格な女子校だったんですけど、覚えているのは——5〜6歳の時かな? ピアノの発表会で初めてドレスを着ることになって親と一緒に買いに行ったんですけど、スカートのシフォン、『二重じゃヤ!』って(笑)」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。