ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】BLACKPINK、日本デビューALが現在首位 桑田佳祐『がらくた』は累計18万枚超

【先ヨミ】BLACKPINK、日本デビューALが現在首位 桑田佳祐『がらくた』は累計18万枚超

 今週のCDアルバム売上レポートから2017年8月28日~8月30日までの集計が明らかとなり、BLACKPINKの『BLACKPINK』が28,717枚を売り上げて現在首位を走っている。

 『BLACKPINK』は、韓国のガールズ・グループBLACKPINKの日本デビュー・アルバム。ヒット曲「BOOMBAYAH」をはじめ、これまで発表した作品すべてが日本語バージョンで収録されている。韓国での人気を受け、デビューに先駆けた初来日公演を東京・日本武道館で開催したことでも高い注目を集めており、本作の初動3日間での売り上げは3万枚目前となっている。

 続く2位は韓国の男性グループ・超新星のメンバー、ユナク&ソンジェの2ndミニ・アルバム『2Re:M』。9月6日より全国6都市を巡るツアーの開催が控えていることから、本作のセールスが次週にかけて勢いを増す可能性もあり、週間結果で現在約8,000枚差の1位にどこまで迫ることができるかに注目だ。

 そして、桑田佳祐の『がらくた』がリリース2週目で17,993枚を売り上げ3位。発売以来の累計は186,674枚となっており、次週以降もコンスタントに売り上げを伸ばしていく可能性が高い。また、KICK THE CAN CREWの13年8か月ぶりとなる新作『KICK!』は12,528枚を売り上げ4位。TOP5ラストには、高見沢俊彦(THE ALFEE)のソロ・プロジェクトTakamiyの活動25周年を記念したベスト・アルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』が入っている。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年8月28日~8月30日までの集計)
1位『BLACKPINK』BLACKPINK 28,717枚
2位『2Re:M』ユナク&ソンジェfrom超新星 20,749枚
3位『がらくた』桑田佳祐 17,993枚
4位『KICK!』KICK THE CAN CREW 12,528枚
5位『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』Takamiy 8,215枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】桑田佳祐『がらくた』がアルバム・チャート首位独走中、売上は10万枚突破
BLACKPINKが「NYLON JAPAN」「SHEL’TTER」とコラボ
【ビルボード】桑田佳祐『がらくた』が168,681枚を売り上げ大差でアルバム・セールス1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy