ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シド】 “安定のシド”ではなく攻めの方向に!

テレビアニメ『将国のアルタイル』のオープニングテーマ「螺旋のユメ」を含む3年6カ月振りとなるオリジナルニューアルバム『NOMAD』。本格的な活動を待ち望んでいたファンを安心させたいというメッセージも込められた本作について4人に話を訊いた。
L→R Shinji(Gu)、マオ(Vo)、明希(Ba)、ゆうや(Dr) (okmusic UP's)
“予想のもうひとつ上を来たな” って感じてほしくて挑戦しました

──『NOMAD』は新しいシドが感じられる作品でもあり、とても新鮮でした。久々のアルバムなのでテーマを設けたり、改めて意志確認したことはあったのでしょうか?
マオ
「“新しいものをやりたいね”っていう認識は共通してありました。3年6カ月振りのアルバムなので、待っていた人たちが受け取った時に“安定のシド”でも喜んでいただけるとは思うんですが、“予想のもうひとつ上を来たな”って感じてほしいという想いが強かったので、新たなことに挑戦しようという方向に向かっていきましたね。」
──今年の5月には日本武道館で1年7カ月振りのワンマン公演を2日間開催しましたが、そのことは今回のアルバムに反映されていますか?
マオ
「個々で感じたことはあるだろうし、日本武道館でツアーも発表されたので、そういう意味では4人ともライヴは意識していたとは思います。ただ、日本武道館のライヴがそのまま曲や歌詞に反映されているかといったら、それはまた違うかもしれないですね。」
──なるほど。では、選曲ミーティングで曲を選ぶ時は“今までのシドとは違う”というのがひとつの基準になったのですか?
マオ
「それもありつつ“いい曲である”ということが大前提。“新しい”と言っても“変わったことやってるね”っていう基準ではなく、“この曲、攻めてるよね”みたいな、4人ともそういう意識で選んでいた記憶がありますね。」
──アルバムのタイトル“NOMAD”には“遊牧民”という意味がありますが、1曲目の同名曲は今までのシドとは違うエキゾチックでゴージャスなサウンドで包み込まれるような曲調だと感じました。
マオ
「“NOMAD”はツアーをイメージした時にふわっと浮かんできた言葉なんです。シドは少しの間、活動を休んで、それぞれが違う動きをしていた時期があったので、それぞれの日々を生きてきた人たちがまたツアーで集まるという意味で、ファンも含めて“NOMAD”。“また大きな塊になって一緒に進んで行く”という意味が込められています。」
──では、攻めているという意味でアルバムに収録されている楽曲をピックアップすると?
明希
「自分は今回のアルバムでロックとポップスをがっつり分けて、それぞれのサウンドを追求できたんじゃないかと思っています。その振り幅の広さを象徴しているんじゃないかと思うのが「スノウ」と「躾」ですね。」
──同じ人が書いた曲とは思えないですものね。
明希
「そうですね(笑)。今回、ポップサイドの曲はメロディーもアレンジもキャッチーなものを突き詰めていったんです。ほんとに振り切って作ったので、両極端を表現できたなと思っています。」
──「スノウ」はシティポップス寄りの美しい曲ですね。
明希
「ファンク寄りの曲があってもいいよねっていう話から派生して生まれた曲で、ジャズの要素も混ざっていますね。メロディーの良さが伝わって、口ずさんでもらえる曲になったらいいなと思っています。対照的に「躾」はいつもの自分らしさを出しています。自分のロックな側面を凝縮して作れたらいいなと思って作りました。」
Shinji
「ギタリストとして分かりやすくチャレンジしたのが「躾」ですね。特にギターソロは昔の自分だったら弾けなかったフレーズでかなり特訓しました。この曲、リフも難しいんですよ。リフだけ7弦ギターを使って弾いていたり、いろいろなギターが混在している曲なので、ライヴがどうなるか楽しみですね。」
──Shinjiさんの書いた「KILL TIME」もジャジーな曲で、楽器隊のスキルがフルに発揮されていますね。
Shinji
「この曲は大人っぽい感じですね。楽器はリズム隊が特に難しいんじゃないかな。ギターは16分の刻みはわりと得意なので、むしろ「躾」のほうが難しかった。」
──じゃあ、攻めていると思った曲は?
Shinji
「「低温」ですね。ギターの音もシンセっぽいので、“これギターなの?”っていう感じだと思うんですよ。それも自分の中ではすごく新しかった。間奏のギターソロはかなり狂ったような感じで弾いているんですけど、ライヴならともかくレコーディングで振り切るのってなかなか難しくて結構大変でした。」
──ライヴとスタジオではモードも熱量も違いますものね。では、ゆうやさんは?
ゆうや
「言われちゃったんですけど、「低温」について語らせてもらいます(笑)。これはドラムも入っていないし、今までやったことがない方法論で振り切った曲です。普通じゃないことをやってみたくて、それがシドの新しい一面につながってくれたらいいなって。こういうタイプの楽曲を今後も突き詰めていくわけではないですけど、自分たちの新しい引き出しを提示できたと思っています。」
──陰りのある内省的な曲でスーッと世界に引き込まれていく感覚がありました。曲調にも驚いたけど、“低温”ってタイトルを付けるセンスもすごいなと。曲の温度感から付けたのでしょうか?
マオ
「まさにそうです。最初は青白いイメージがあって笑顔や温かさも感じたんですけど、全体的には温度が低いなっていう。曲が短いので、この曲は歌詞というよりも詩を書いた感覚で。言葉がうまくはまった時は嬉しかったですね。」
──TVアニメ『将国のアルタイル』のオープニングテーマとしてオンエア中の最新シングル「螺旋のユメ」はアニメの内容に沿って書き下ろした曲ですか?
明希
「原型となった曲にアニメ作品の色をどんどん反映させていきました。制作スタッフにいろいろなリクエストをいただいたので、期待以上の完成度の曲にしたいと思って楽しく作れましたね。」
マオ
「アニメサイドの方の熱量がすごく高かったんですよ。その熱に俺も応えたいという想いがあったので、原作をかなり読み込んだ上で歌詞を書きました。」
──ポップなんだけど、よく聴くとメロディーがぶっ飛んでるなと思いました。思わぬ展開をするというか。
マオ
「先日のイベントのライヴで歌ったんですけど、歌ってみるとメロディーがめっちゃ多いんですよ。」
明希
「はははは。」
マオ
「まだ慣れてないから“次はこのメロが来る!”って歌っていてピリピリしました(笑)。またそれが楽しかったんですけど。」
バンドをやるのが普通だという 奇跡を忘れずにやっていきたい

──今回のアルバムは全体的にも次にどんな曲が出てくるのか想像が付かない構成で、「NOMAD」のあとがリフが印象的で男っぽいロックンロールの「XYZ」だったりと、聴いていてシドに振り回されている感覚でした。
マオ
「そういう感想は嬉しいですね。聴く人を振り回したかったので(笑)。」
明希
「そうだね。」
マオ
「曲ごとにいろんな感情になってくれたらいいなって。歌詞の面では「NOMAD」で始まって「普通の奇跡」で終わるのが大きな軸になっているんですよ。「NOMAD」のテーマは“再会”で、離れていた時を経て再び集まって最後の曲「普通の奇跡」では一緒の時間を過ごして、またそれぞれの場所に戻っていく。だけど、それで終わりではなく、次の約束も決まっているっていうひとつの物語のようにしたかったんです。それがシドとみんなのことだということを歌詞を読んだ人たちに伝えたいなって。1曲目と最後の曲の間にはいろいろな歌詞があるんですけれど、その2曲は大事なメッセージとして意識して書いています。」
──次の約束とは全国ツアーのことですか?
マオ
「それもそうだし、今後のシドのことですね。さすがに安心させたいなというのがあったので。」
──活動を止めた期間に“今後、シドはどうなっていくんだろう?”と心配させてしまったから?
マオ
「そう、そう。安心感を感じてもらえるような作品にしたかったので、最後の曲は「普通の奇跡」にしました。」
──“普通”と“奇跡”って相反する言葉のように思うのですが、そのふたつの言葉を結び付けたのはマオさんの中に思うところがあったからなのではないかと。
マオ
「普通であり、奇跡であるってなかなか感じることができない感覚だと思うんですよ。ファンのみんなと出会ったことは奇跡だし、メンバーと出会ったことも奇跡なんですけど、“普通の奇跡”は長年やっている人たちだからこそ感じられるんじゃないかって。俺らもいつの間にか一緒にバンドをやっていることが普通になっていて、それは幸せなことだなってしみじみ思ったんです。と同時に、“これは奇跡なんだよ”っていうこともお互いに忘れずにやっていこうねって。そんなことを思いながら書きました。」
ゆうや
「全体としては攻めたアルバムでありつつ、僕は置きにいかなかったなって思っています。今までだったらシングルを軸にしてライヴを想定して、“盛り上げるセクションはこのあたり”って枠を決めてから曲をはめ込むことが多かったんですけど、今回は型にはめないで曲を選んでいったんです。安全圏に行かないというか、“置かないシド”にしたことによって新しさが出たんじゃないかなと。」
──なるほど。4人がいつも揃っていたわけではないと思いますが、挑戦のレコーディング中のエピソードは?
明希
「でも、いつも以上に4人一緒にスタジオにいましたね。今までいなかったわけじゃないけど(笑)。」
ゆうや
「これまでのアルバムはひとりのエンジニアさんが手掛けていたんですけど、今回は曲によって趣向を変えたかったので、4人のエンジニアさんが参加しているんです。そういう意味でも新しい挑戦でしたね。初対面の方たちもいらっしゃるので、それこそメンバ[q]4人が一緒にスタジオにいて話し合いをすることから始めないと自分たちの意図が伝わらないので。」
明希
「そこも冒険したかったんですよね。」
マオ
「刺激が欲しかった。気持ち良いお湯から1回出て、たまには熱湯や冷水に浸かったりするべきなんじゃないかと思ったのが提案させてもらった理由ですね。」
──さっきの“普通の奇跡”の話と通じるところがありますか? 当たり前になっていく中での奇跡の出会いというか。
マオ
「そうです。イチからのやり取りなので時間がかかることではありますけれど、バンドにとってまた幅が広がる結果になりましたね。」
──最後にアルバムを携えての全国ツアーについて教えてください。各地で待っている人も多いと思いますし。
マオ
「久しぶりなのでツアー独特の4人の温度感が一致してくる楽しさを噛み締めながら一本一本回りたいし、待っていてくれる人が“またシドに会えて良かった!”と思ってくれるものにしたいですね。『NOMAD』の世界観を軸にしつつ、定番曲や盛り上げポイントも網羅して、その日だけのライヴをやる意識で最高に楽しいツアーにしたいと思っています。」
ゆうや
「自分自身、全国を回るのが久しぶりですからね。めちゃめちゃ楽しみです!」
──安心させたいという話も出ましたが、ツアーの先の計画も立てているのでしょうか?
マオ
「そうですね。来年は結成15周年なので、何か一緒に楽しいことをやれたらなと思っています。」
取材:山本弘子
アルバム『NOMAD』
2017年9月6日発売

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy