ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DAOKO が衝撃を受けた「冒険しすぎな」曲

DAOKO が衝撃を受けた「冒険しすぎな」曲
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。8月29日(火)のオンエアでは、火曜担当のDAOKOとのコンビでお送りしました。

毎週恒例の人気コーナー「DAOKOのなんじゃこりゃー」。このコーナーでは、古今東西・新旧洋邦の音楽の中から、毎回ひとつのお題に対して曲をセレクト! 今回のお題は「かなり冒険しちゃってる曲」でした。

「いろいろ考えたんですけど、今回は“ボーカロイド”の曲を選ばせていただきました」とDAOKO。もともとニコニコ動画から音楽活動を始めたDAOKOは、ボーカロイドにすごく馴染みがあるようです。

「振り返ってみると、音楽ルーツが自分にあまりないので、もしかしたらそういった意味では、ボカロってけっこう自分の音楽のルーツになってるのかなって最近思ってます」と話します。

DAOKOにとってはボーカロイド自体が既に冒険だと言います。初めて聞いた時の衝撃は、今でも覚えているそう。「え? 機械なの? みたいな。でもすごいかわいい! キャッチーだし好き! みたいな感じの衝撃があって、日本が誇れる独自の音楽文化だと思うんですよね」(DAOKO)ということで、今回セレクトしたのは、8月30日(水)にリリースされたばかりの初音ミクの10周年記念コンピレーションアルバム「Re:Start」に収録されている、wowaka feat. 初音ミクの「アンノウン・マザーグース」でした。

「wowakaさんの作る曲はメロディラインがエモい!」とDAOKO。「この曲にはミクにしかできない言い回しっていうか、高速でたたみかけていくところがあって。あと、すごい新しいなと思ったのが、途中でちょっと洋楽の音色が入ってきたのが衝撃で、冒険してるなあと思いました」とも。

今回は、ニコニコ動画出身のDAOKOならではの選曲でしたね! みなさんもぜひチェックしてみてください!

■今回のオンエア曲
大森靖子「draw (A) drow」
DAOKO × 米津玄師「打上花火」
ロードオブメジャー「心絵」
RHYMESTER feat. mabanua「Future Is Born」
NOVAA x LO「Go There」
TENDOUJI「Get Up!!」

Sampha「(No One Knows Me) Like The Piano」
ポルカドットスティングレイ「人魚」
wowaka feat. 初音ミク「アンノウン・マザーグース」
DAOKO「Cinderella step」
Tempalay「新世代」
Nao Kawamura「Rescuer」
Awesome City Club「ASAYAKE」
LUCKY TAPES「Virtual Gravity」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。