ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オセアニア・グリーン島の魅力10選

グリーン島は日本からの修学旅行で訪れている人たちも多い島です。サンゴ礁の美しい海に浮かぶグリーン島は緑の宝石とも呼ばれていて、大切に保存しておく必要のある島のようです。

今回は、そんなグリーン島の魅力をご紹介します。
 

1.グリーン島とは

photo by shutterstock

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフの中に浮かぶグリーン島。この島は緑の宝石とも言われていてサンゴで出来ていて、多くの人たちがその魅力に惹かれてやって来ているようです。

この美しいサンゴの島は大自然が数千年間育てて出来たと言います。実はこのグリーン島にはジャングルがあり、なんと126種類の動植物が生息していると言いますからミステリアスです。また、世界の不思議を目の当たりにする事のできる唯一のチャンスがこの島にはあると思います。
■詳細情報
・名称:グリーン島
・所在:Green Island ,Great Barrier Reef, Australia

 

2.グリーン島で出会える「ウミガメ」

Travel Photosさん(@takuma_oo06)がシェアした投稿 – 2017 5月 11 9:09午後 PDT

グリーン島ではウミガメが海草を食べにやってきているようです。グリーン島のビーチに行ってカメに出会えたら、ラッキーですね。
■詳細情報
・名称:グリーン島
・所在:Green Island ,Great Barrier Reef, Australia

 

3.グレートバリアリーフ

photo by shutterstock

実はグリーン島はグレートバリアリーフの入り口とも呼ばれる観光スポットです。大変珍しい自然の造形だと言われている、このグレート・バリア・リーフは広く大きく、なんと宇宙空間からも確認できます。

しかも、グリーン島は唯一、サンゴの上に熱帯雨林植物が生育し、今も生物多様性を支える役目を持っているそうです。グリーン島に行けば、真っ青なグレートバリアリーフの海が迎えてくれて、この島で行われる多様なアクティビィティーを選択することが出来ます。
■詳細情報
・名称:グレートバリアリーフ
・所在:Green Island ,Great Barrier Reef, Australia

 

4.グリーン島での楽しみ方「シュノーケリング&ダイビング」

photo by shutterstock

グリーン島ではダイビングやシュノーケリングができます。天候が優れずクリアには見えない日でも、たくさんの熱帯魚やウミガメたちを間近かで見る事できるそうです。また場所によっては可愛らしいクマノミにも出会えるチャンスもあるとか。

しかし最近ではこの海に変化が起きていて、サンゴ礁が白くなっているそうです。今、世界でも不思議な生態系に何が起きているのか、しっかりチェックしておくべきだと思います。
■詳細情報
・名称:グリーン島
・所在:Green Island ,Great Barrier Reef, Australia

 

5.グリーン島の生き物観察「クマノミ」

Karina Hanさん(@karina_trip)がシェアした投稿 – 2017 4月 16 4:30午前 PDT

まるでニモのような可愛らしいクマノミ。グリーン島でこの小さな魚に出会えるスポットは桟橋がその一つ。この橋の途中から橋の先端にかけては色んな魚たちがいて、キマノミも海中のとこかに潜んでいるようです。ちなみに、桟橋には船やボートも来るので注意が必要のようです。
■詳細情報
・名称:グリーン島
・所在:Green Island ,Great Barrier Reef, Australia

関連記事リンク(外部サイト)

世界最大のパワースポット「エアーズロック(ウルル)」の絶景画像15選
オーストラリア「パース」の観光スポット5選
バイロンベイの5つの魅力!オーストラリア最東端の街とは
元在住者が厳選したオーストラリアの離島7選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy