ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

極上ベッドに3時間500円でぐっすり眠れるカフェ

極上ベッドに3時間500円でぐっすり眠れるカフェ
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。8月29日(火)のオンエアでは、銀座に期間限定でオープンする「睡眠カフェ」に注目しました。

昨今、毎日の睡眠不足の積み重ねが、生活の質の低下や、心身の病気につながる“睡眠負債”を引き起こすと話題になっていますが、この「睡眠カフェ」は、仮眠したい人や上質な睡眠をとりたい人のためのカフェで、ネスレ日本と全日本ベッド工業会がタッグを組んで生まれました。

体験したい睡眠の長さによって、2つのコースが用意されています。

■お昼寝コース(料金200円)
最長30分で仮眠体験ができるコース。フランスベッドのクッションを使いながら、椅子に座って眠るタイプです。仮眠から目覚めた後のパフォーマンス維持のために、仮眠前にコーヒーを飲む「コーヒーナップ」も体験できます。カフェインが吸収されるのは摂取してからおよそ15分後なので、15分の仮眠ではカフェインの影響は受けないそう。むしろ起きた頃にカフェインでシャキッとするため、その後のパフォーマンスにとってプラスなのだそうです。ちなみに日中に眠気に襲われた時は、15分程度の仮眠が一番良いと言われています。

■ぐっすりコース(料金500円)
最長3時間の睡眠体験ができます。睡眠前にくつろいでもらうためにカフェインレスコーヒーが提供され、厳選されたマットレスやベッドで眠ることができます。起床後には、コーヒーが提供されるそうです!

そのほか、自分の眠気を把握できる脳波計や、目覚まし機能付きのアイマスクなど、眠りをサポートしてくれるコンテンツ体験も盛りだくさん。「睡眠カフェ」は、銀座CHAIRSにて、8月31日(木)から9月9日(土)までの営業です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy