ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【たんこぶちん】 私たちのことを知らずに映画を観た人たちにも 広がってほしいアルバム

MADOKA(Vo&Gu)がヒロインを演じる映画の劇中歌集アルバム『二度めの夏、二度と会えない君feat.Primember』をリリースするたんこぶちん。映画に登場する高校生バンドPrimemberに合わせ3ピースで制作された、いつもと違うサウンドについて話を訊いた。
L→R NODOKA(Ba)、CHIHARU(Key)、MADOKA(Vo&Gu)、HONOKA(Dr)、YURI(Gu) (okmusic UP's)
──今作はMADOKAさんがヒロイン役を演じた映画の劇中歌集アルバムということで、いつものたんこぶちんとは立ち位置の違う作品になっていますね。
MADOKA
「『二度めの夏、二度と会えない君』という映画があってこその作品なので、私たちのことを知らずに映画を観た人たちにも広がってほしいアルバムですね。」
──映画に出てくるPrimemberというバンドにキーボードがいないので、劇中歌として制作された曲はギター、ベース、ドラムにヴォーカルという、いつもとは違ったサウンドになっていますが、完成した音を聴いた時はどう思いました?
YURI
「アレンジがシンプルなので、ライヴ感がより強いなって感じました。いつもだとキーボードがいて、ギターをふたりで弾いたりするから難しいアレンジもやるんですけど、今回はコピーしやすいんじゃないかなって思います。」
MADOKA
「5人の時よりも荒々しくて音が尖って聴こえますね。シンプルなサウンドだからいろんな人に刺さりやすいんじゃないかなって思いました。」
──キーボードのCHIHARUさんは今回のサウンドに関して一番客観的に聴けたのでは?
CHIHARU
「そうですね(笑)。“私だったらここにこんなふうにキーボード入れるな”とか考えながらレコーディングを見ていました。」
──レコーディングではアシスタントディレクター(AD)として活躍したという話しも聞きましたけど。
CHIHARU
「出前を取ったり、買い出しに行ったり、あとは音決めの時に少しだけディレクションをさせてもらったりしました。“その音、いい感じじゃなーい”って(爆笑)。そういうことをしながら、ADとしてプロデューサーさんをずっと観察していたので、いい雰囲気でレコーディングするにはメンバーに掛ける言葉だったり言い方、コミュニケーションが大事なんだなっていうのを学びましたね。」
──映画の中では役者さんが演奏しているわけですが、それを観た時に3人はどんな感覚になりました?
HONOKA
「すごいなーっていう不思議な感覚でしたね。」
YURI
「“私だったらこうするのにな”とか思ったり(笑)。でも、音がどうっていうことよりも、演者さんは観せることを一番にやられているので、あの立ち姿はカッコ良いから真似しようみたいな。そこを学ぼうって感じで演奏シーンは観ていました。」
NODOKA
「私は正直に言うと、観ながら“負けません!”って思っていました(爆笑)。」
──初めて作る3人での音に関して、レコーディング前にそれぞれ構想みたいなものはありました?
YURI
「私はいつもリードを弾くことが多くて、コードをかき鳴らすみたいなのはあまりなかったから、ギターをジャーンって鳴らした時にちゃんと聴こえるようにしたかったし、アルペジオは音が抜けるように作らないといけないなとか、ソロはどうしようとか、いろいろ考えて相談しながら録りましたね。」
NODOKA
「青春感とか夏の切なさとか、自分の中でそういうのをイメージしながらベースは弾きました。」
HONOKA
「私はいつもビートが後ろめなんですけど、映画は“これからバンドを始めよう”みたいな高校生の話だったので、あまり重くならないように軽く叩くっていうのを意識しながらレコーディングしました。」
──ヴォーカルはたんこぶちんのMADOKAというより、ヒロインの森山 燐として歌っている感じですか?
MADOKA
「そうですね。私の声ってピンッて高い声だと思うんですけど、それを活かして明るめな感じで。でも、これから先バンドを続けていけないという役を演じていたから、“これが最後だぞ!”っていう気持ちを持って、絞り出すような感覚で歌っていました。」
──5人での新曲として収録されている主題歌「夏のおわりに」は、映画のストーリーが詰め込まれた楽曲ですが、たんこぶちんファンの中での人気曲「花火」にも通じるような、切ないサマーソングに仕上がっていますね。
MADOKA
「すでにライヴでやっているんですけど、お客さんみんながライヴで聴いた時にテンションが上がる「花火」に次ぐ曲ができたなと、私たちも思っているんです。最初の話にもつながりますけど、この曲を映画で知って気に入ってくれた人が私たちのライヴに来てくれたら嬉しいので、そうなってくれるといいですね。」
──この曲でやっとキーボードも聴けますが、他の曲に入っていない分、音が際立って聴こえて印象的でした。
CHIHARU
「そうですよね(笑)。各サビ頭の歌詞に《夏のおわりに》《夏のはじめに》《夏のあいだに》ってあって、そこにひと夏の始まりから終わりまでという映画の世界観が感じられると思ったので、この曲はそういう歌詞の切なさが出せるようにと考えながら弾いていて、落ちサビはMADOKAの声に寄り添うような感じで弾くことを意識しました。」
──たんこぶちんとして今作は変則的な作品でしたが、バンドとしての今年は結成10周年のアニーバーサリーイヤーなので、オリジナルアルバム『TANCOBUCHIN vol.5』のリリースもファンとしては期待してしまうところなのですが。
MADOKA
「昨年やった渋谷CLUB QUATTROのライヴ後に、“今までと同じじゃいけないね”って5人で曲を作り始めて、今年やっている対バンライヴでは毎回新曲を披露しているんですよ。私たちの中でファンのみんなにその曲たちが届いてきていると感じているので、早くかたちにできたらいいなと思っているんですけど、それが今の目標でもあり課題にもなっているんです。やっぱり10周年で1枚アルバムは出したいですよね。」
YURI
「その時はもちろんCHIHARUがADで(爆笑)。」
取材:山村哲也
アルバム『二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember』
2017年8月30日発売

YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS

【TYPE-A】

YCCW-10309 ¥1,389(税抜)

※全7曲収録

【TYPE-B】

YCCW-10310 ¥2,130(税抜)

※全13曲収録(劇中歌6曲+バージョン違い 7曲)

【TYPE-C】

YCCW-10311/B ¥2,315(税抜)

※CD(全7曲収録)+DVD
たんこぶちん
たんこぶちん:佐賀県唐津市出身の5人組。ヤマハ主催『The 6th Music Revolution』ジャパンファイナルで優秀賞受賞をきっかけに、2013年7月にメジャーデビュー。15年11月にはスペイン最大のジャパンフェス『SALON DEL MANGA』に出場し、16年2月にはアルバム『TANCOBUCHIN vol.4』を発表した。17年秋公開予定の映画『二度めの夏、二度と会えない君』にMADOKA(吉田円佳)の出演が決定し、女優デビューを果たす。 

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy