ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【EBiSSH】 『Let’s EBiSSH ! 〜Are You Ready!?〜』 2017年8月22日 at TSUTAYA O-WEST

 EBiDANの4人組ダンス&ヴォーカルユニットEBiSSHのライヴを観るために、たくさんのBAE BAE(ベーベー/ファンの愛称)が集まったTSUTAYA O-WEST。TETTA、REI、NAOYA、KOHKIがステージに登場した瞬間、大きな歓声が上がった。オープニングを飾ったのはこの日が初披露となる新曲「Just Like Me」。フォーメーションを多彩に変化させながら歌い踊る彼らに合わせて、フロアーの全面で揺れ動くペンライトの光が眩しい。続いて、9月20日にリリースするデビューシングル「恋はタイミング」が披露されると、会場内はますます熱気に包まれていった。
 (okmusic UP's)

 元気いっぱいのMCを時々挟みつつ、全力のパフォーマンスを繰り広げた彼らは、集まった人々の心をどんどん掴んでいた。本編は「今日は家に帰らないで」で華麗に締め括ったが、鳴り止まない手拍子に応えてアンコールへ。最初にステージに戻ってきたのはヴォーカルのTETTAとREIだった。“この曲をいつかステージでやれるくらい上手くなりたいと思ってました。BAE BAEのことを思って歌います”とREIが言い、EBiSSHの楽曲プロデューサーであるKのバラード曲「誓い~Waiting For Love~」がふたりによって披露された。そして、NAOYAとKOHKIも再登場し、4人でラストに届けたのは、この日2回目となった「Let’s EBiSSH!」。結成から約1年でO-WESTのステージでパフォーマンスができたことを振り返り、“BAE BAEの顔を観ると、苦しかったことも幸せになりました!”というNAOYAの感謝の言葉を添えてスタートした瞬間、BAE BAEは完全にひとつになっていた。

 用意していた全曲を披露したあと、年内に2ndシングルをリリースすることを発表。祝福の声が上がったフロアーを眺めながら、4人は明るい笑顔を浮かべていた。着実に成長しながら前進しているEBiSSHは、とても頼もしい。彼らの今後が楽しみになるライヴであった。
取材:田中 大
セットリスト
1.Just Like Me
2.恋はタイミング
3.NE7VER Missing you
4.KIMI GA SUKI
5.Let’s EBiSSH!
6.KOi・Ni・OCHi・YO!
7.今日は家に帰らないで
<ENCORE>
1.誓い~Waiting For Love~
2.Let’s EBiSSH!
EBiSSH
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。