ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ユーチューバー、ゾンビにススメるコミックを紹介!?

人気ユーチューバー、ゾンビにススメるコミックを紹介!?
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUITS」。8月25日(金)のオンエアでは、人気ユーチューバーのカリスマブラザーズをお迎えしました!

カリスマブラザーズはジョージさん、ジローさん、ミノさんの3人組。彼らは“シアトル発ソーシャルクレバー系ユーチューバー”の肩書を持ち活動をしています。もともとシアトルで留学していた3人がパーティー(飲み会)で出会ったことがきっかけで、後にカリスマブラザーズを結成。毎日動画配信を行い、現在は寸劇系の動画が多いようですが、過去にはキャンピングカーでシアトルからロサンゼルスまで走破した企画も行ったそうです。

今回は「GOLD RUSH」の企画「夏の終わりのゾンビ祭り」にちなんで、コミック好きだというカリスマブラザーズの3人に「ゾンビにも読んでほしいオススメコミック」を紹介していただきました。

ジョージさんは「僕は26年間ゾンビやってるんですけど(笑)」と前置きしながら、『僕はビートルズ』(かわぐちかいじ、藤井哲夫)を紹介。「これはビートルズ好きのミノに教えてもらったコミックなんです。僕はタイムスリップ系が好きなんですけど、音楽とタイムスリップで『最高かよ』ってコミックですね(笑)。ビートルズが生まれる前の時代にタイムスリップしてビートルズの曲を作ったら、音楽の歴史は変わるのか否かっていうストーリーです」(ジョージさん)

続いて、ジローさんは『アイアムアヒーロー』(花沢健吾)を紹介。「謎の感染症によって感染者が“ZQN”と呼ばれるゾンビ(みたい)になってしまう世界を舞台に、オタクの主人公が繰り広げるストーリーです。ゾンビには、ゾンビじゃない側も知ってもらいたいですね(笑)」(ジローさん)

最後に、ミノさんは『火の鳥 鳳凰編』(手塚治虫)を紹介。「僕はこれ大傑作だと思っています。『火の鳥』シリーズは基本的に愛をテーマに描かれているので、愛が足りてないゾンビもこのコミックで愛を知ったら人を襲わなくなるんじゃないかなって思います。『火の鳥』シリーズのなかでも“鳳凰編”はスケール感がすごいんですよね。愛を知らない男が積んでしまった悪行を通して、愛に目覚めるというストーリーです」

カリスマブラザーズの3人が紹介した作品は、ゾンビだけでなく人間にもオススメですので(笑)、夏の終わりに読んでみてはいかがでしょう?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy