ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中年男らがニューヨークへの予期せぬ旅に出る、映画『Last Flag Flying(原題)』の公式トレーラー公開

ブライアン・クランストンとスティーヴン・カレルがローレンス・フィッシュバーンを連れてニューヨークへ予期せぬ旅に出る新作映画『Last Flag Flying(原題)』の公式トレーラーが公開された。リチャード・リンクレイターが監督する。

トレーラーはクランストンとカレルが車内で話すシーンから始まる。二人は古い友人だ。

カレルは「お前に一番驚いたことが何だか分かるか?」と尋ねる。

クランストンは「俺は凄い男だから何でも有り得る」と答えると、「お前のバーのビリヤード台で寝ている男に鍵を渡して、車に飛び乗り、俺を地の果てまで連れて行く。お前は何処に行くかさえ知らない」と言う。

2人はかつての仲間で、現在は牧師になっている男(フィッシュバーン)を探す旅に出る。フィッシュバーンは「この2人とは何十年も会っていない」と言う。「彼らは俺の人生の暗黒期だ」という。

彼らのミッションは物悲しい。カレルの息子が亡くなり、カレルは友人たちとともに葬儀に参加したいと願う。だが、彼らの旅はニューヨークで終わる。

リンクレイターは監督の他、ダリル・ポニックサンの小説をもとに彼と脚本を手掛けた。同作はハル・アシュビー監督の1972年の往年の映画『さらば冬のかもめ』の続編にあたると言われている。

『Last Flag Flying(原題)』は9月28日(現地時間)にニューヨーク国際映画祭で初上映される。また、11月3日(現地時間)に複数の劇場で公開される。トレーラーは以下。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy