ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

「漆器」と聞くと、その値段もあいまって、なかなか敷居が高いイメージ。たとえば使うのも、特別なときだけだったり。

でも、そんなイメージをガラリと変えてくれそうなのが「MARUWAN(マルワン)」です。「SHIKI Kawatsura」(シキ カワツラ)シリーズの第1弾として登場しました。

現代のライフスタイルにも合うようにデザインされていて、日常使いもしやすい漆器なんだとか。

漆器=四季?

かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

カラーは漆器と四季をかけて、

春:オリーブ色
夏:青色
秋:朱色
冬:黒色

の4色展開。オリーブ色や青色は今まで漆器にはなかった色合いですが、意外にも上品な仕上がり。

外側と内側の色の違いがモダンな印象を引き立たせつつ、従来の漆器にある高台(お椀の底についている支えの台のこと)をなくした、丸みのある形が特徴的です。 

秋田の川連漆器が見せた
こだわり

かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

この「MARUWAN」は、秋田県川連漆器を作る漆器工房「利山」の伝統工芸士・佐藤公さんと、株式会社アイクリエイトが企画したプロダクト。

佐藤さんは伝統工芸とデザインを組み合わせ、国内だけでなくドイツやイタリアの見本市にも長年出展している漆器の革命児。イタリアのデザイナーとのコラボレーションでは、従来の漆器の色や形にこだわらない「イタリアンデザイン漆器」と呼ばれる現代のライフスタイルに合わせた漆器を発表し、ヨーロッパを中心に高い評価を得ている方です。

実はすごく使いやすくて
機能的

かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

また、漆器に「お手入れが大変」というイメージがある人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。さすがに食洗機た電子レンジなどでは使えませんが、中性洗剤で洗えますし、そのあとには柔らかい布で水滴をふき取るだけで美しい状態を保てます。

しかも、漆器は古くから天然塗料で作られているので人と環境にも優しく、軽くて丈夫で耐久性もあります。薄いのに保温性と断熱性もあるので、年間を通して使えるのも利点。子どもの食器にもおすすめですし、長年使っていると味が出てくるのも嬉しいところ。

日常の食卓に、漆器を

いずれも落ち着いた色なので、どんな料理とも合わせやすそうです。漆器の上品な光沢によって、料理も一層おいしく見えて華やかな食卓になりそうですね。かわいいのに本格的な「漆のうつわ」 こんな風に、炊き込みご飯を入れたり。かわいいのに本格的な「漆のうつわ」 アイスクリームだって、綺麗に盛り付け。かわいいのに本格的な「漆のうつわ」 もちろん、和テイストにはぴったり。かわいいのに本格的な「漆のうつわ」 手のひらにおさまるサイズ感で、カフェオレボウルにもなります。かわいいのに本格的な「漆のうつわ」かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

軽いので、子どもでも使い勝手がいいんです。

今まで、少し遠い存在だった伝統工芸品。でも、こんな風に日常で使えるように工夫されたデザインを見ると、自分だけではなく、子どもたちにも「日本の伝統を感じながら、良いものを長く大切に使う」ということを知ってもらうことができますね。Licensed material used with permission by MAKUAKE

関連記事リンク(外部サイト)

毎日をハレの日に変える「タフな漆器」が食卓をいろどる
「守る」と「活かす」って違うよね、と「工芸ハッカソン」に思う
福井県鯖江市で開催される「RENEW」は、ものづくりを見て、知って、体感するイベントだ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy