ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

財布を拾ってくれた人に「I love you」?

財布を拾ってくれた人に「I love you」?
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」。8月25日(金)のオンエアは、ジョン・カビラに代わり、ハリー杉山がナビゲートしました。リスナーの皆さんからいただいたメッセージにピッタリな一曲をセレクトする「azabu tailor A SONG FOR YOU」。今回は中野区の女性からのメッセージを紹介しました。

「私が曲をプレゼントしたい方は名前も知らない方です。先日、地元の小さなお祭りに行きました。神社の辺りを散策していると、黒い財布を手にした優しそうなおじさまが、巫女さんに『奥にこれ落ちていましたよ』と渡していました。よく見ると私の財布でした。多分、神社で落としてしまった財布をおじさまが拾ってくれたのです。

お金もそうですが、中に身分証明証とか、大切なものが全て入っていたので、無くしていたかと思うと背筋がぞーっとしました。おじさまのおかげで、世の中捨てたもんじゃないなと、落ち込んでいた気持ちがスッキリ晴れた一日になりました。その優しいおじさまに感謝の気持ちを表す一曲をお願いします」

「これしかないでしょ」とハリーが選んだのは…。

Louis Armstrongの「What A Wonderful World」

「歌詞に”I love you”が出てきます。”love”というと、情熱的な告白のような響きに感じるかもしれませんが、家族に対して『Good night, I love you.』というように、本当に“affection”(愛情、優しい思い)なんですよね。自分の情というものを伝えたい時に使う言葉が『I love you』。さりげなく日常の優しさ、思いやりを感じさせることができるフレーズなんです」と解説しました。

実はハリーも、人生で5〜6回は財布を落としたことがあり、すべての財布が戻ってきたそうです。「2カ月ほど前にも落としてしまって、駅から連絡がありました。世の中捨てたもんじゃないな…と思いました」と感激していました。 

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy