ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】MONSTA X『Beautiful』が5万枚超売り上げて現在首位、僅差でFlowerのアニメEDシングルが続く

【先ヨミ】MONSTA X『Beautiful』が5万枚超売り上げて現在首位、僅差でFlowerのアニメEDシングルが続く

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年8月21日~8月23日までの集計が明らかとなり、MONSTA X『Beautiful』が52,205枚を売り上げて首位に立っている。

 韓国出身7人組ボーイズ・グループMONSTA Xの日本2ndシングルとなる『Beautiful』。表題曲は、今年3月に韓国でリリースされた同曲の日本語バージョンとなっており、初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の全3形態で展開。5月にリリースされた前作『HERO』の初週累計売上を大きく上回るセールスとなっており、デビュー以降確実に日本での知名度を拡大してきたことが分かる結果となった。

 そんなMONSTA X『Beautiful』と約1,000枚という僅差で2位となっているのは、Flower『たいようの哀悼歌』。E-girlsの新体制<E.G.family>の発足後、第1弾リリースとなる本作の表題曲はTVアニメ『将国のアルタイル』EDテーマに起用されており、話題性も高く、すでに前作シングルの初週累計売上の倍以上のセールスを記録。次週発表の週間セールス・チャートで1位と2位の順位変動は十分にありうるだろう。

 3位は、3人組ダンス・ボーカル・ユニットLeadの15周年イヤーを飾るニュー・シングル『Beautiful Day』。23,835枚を売り上げている。続く4位には、“アイマス”シリーズ最新作『THE [email protected] MASTER PRIMAL ROCKIN’ RED』が20,387枚を売り上げてランク・イン。3位と4位は約3,000枚の小差なので、こちらも順位の入れ替わりは十分ありうる。

 5位は、乃木坂46の18thシングル『逃げ水』。リリース以降3週目の集計となる今週も堅実なセールス力を維持しており、19,579枚を売り上げた。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年8月21日~8月23日までの集計)
1位『Beautiful』MONSTA X 52,205枚
2位『たいようの哀悼歌』Flower 51,353枚
3位『Beautiful Day』Lead 23,835枚
4位『THE [email protected] MASTER PRIMAL ROCKIN’ RED』 20,387枚
5位『逃げ水』乃木坂46 19,579枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

MONSTA X、日本デビューを果たした心境を語る 「ワクワクしています!」
Flowerの新曲がTVアニメ『将国のアルタイル』EDテーマに決定
E.G.family始動! 発足後初の全員集合ライブをレポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。