ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熊川哲也に質問 「子供がバレエを嫌がったら?」

熊川哲也に質問 「子供がバレエを嫌がったら?」
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。8月23日(水)のオンエアでは、バレエ界のカリスマ・熊川哲也さんをゲストにお迎えしました。

この秋、熊川さん率いるKバレエカンパニーのAutumn Tour 2017「クレオパトラ」が上演されます。この作品はこれまでの再演ではなく、新作として創り上げられています。

新作のストーリーについて熊川さんは、「クレオパトラが活躍した時代は紀元前なので、史実はないと仮定した方がいいと思っていて。彼女はローマとの戦いに負けた立場なので、彼女の資料は全て消されているんですよね。最後は毒蛇に乳房を噛ませて死んだという話も実は作られた話かもしれない。100年前や150年前の幕末の史実であっても、実は違っていたことも多くあるので、そこに忠実に沿ってもいけないと思っています」と語りました。

そもそも熊川さんは、Kバレエカンパニーのトップダンサー・中村祥子さんの素晴らしいスタイルと、日本人離れした異国情緒あふれる雰囲気、そして音楽がマッチングして、題材をクレオパトラに決めたのだそう。

「まず、彼女にはどんな役が似合うのかって話だったんです。シンデレラに勝てるのは? カルメンに勝てるのは? っていう次がクレオパトだったんです」(熊川さん)

番組後半では「6歳になる息子が昨年からバレエを習い始めました。男の子は年頃になったらバレエ恥ずかしいとか言い出しそうで…」というリスナーからの、「熊川さんは子どもの頃、バレエをやめたいと思ったことはありますか?」という質問を紹介。

熊川さんは「僕は幸いなことに一度もやめようと思ったことがないですね。10歳で始めましたが、その面白さにすごく飛び込んでいったっていうか…」と回答。さらに、「子どもが嫌と思ったときは、一度離すとまた気持ちが再燃することもあるので、ちょっと休ませるのも手かもしれないですね。もしくは、先生に怒られたとか、友達とケンカしたなどの理由で嫌になっちゃう場合もあるじゃないですか。その時は、あと1ヶ月くらい我慢させる。そうすると嫌なことが改善されるかもしれない」とリスナーにアドバイスを送っていました。

熊川哲也 Kバレエカンパニー Autumn Tour 2017「クレオパトラ」は10月6日(金)から始まります。気になる方は公式サイトでご確認ください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。