ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雲海・星空・涼絶景!一度は見に行きたい♪おすすめスポット6選【東北】

雲海・星空・涼絶景!一度は見に行きたい♪おすすめスポット6選【東北】 栗駒山

本格的な夏、到来!でも「クーラーのきいた部屋から出たくない…」という人も少なくないのでは?そこで今回は、東北エリアの外でも涼める絶景スポッをご紹介致します!

朝限定の雲海に、一面に広がる星の輝きに感動の星空・・・せっかくの夏、引きこもってたんじゃもったいない!どんどん出かけて、涼しく遊んじゃおう。

記事配信:じゃらんニュース

1.栗駒山

湿度のある冷たい空気そして眼下には真っ白な雲海が静かに広がる!

栗駒山ひと汗かいてから見る景色は格別!

朝/雲海

早起きは三文の得!この時間限定の絶景を見つけに行こう。

山の上でしか出会えない「雲海」を探しにトレッキングへGO。特に栗駒山は登山口の標高がすでに高いため、登り始めてすぐ視界が開けるのでおすすめ。雲海の発生確率が高いのは明け方からAM8時ぐらいまで。風が静かな日を狙おう。栗駒山登山口から雲海出現スポットまでは40分程度

栗駒山

TEL/0228-22-1151(栗原市産業経済部田園観光課)

住所/宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東(いわかがみ平登山口)

アクセス/東北道若柳金成ICより60分

駐車場/100台

「栗駒山」の詳細はこちら

2.ひろのまきば天文台

まるで星を振りまいたよう視界のすべてが瞬く天然のプラネタリウム

ひろのまきば天文台夏は木星、土星、天の川、流れ星が見どころ

夜/星空

辺りが闇に沈んでふと空を見上げれば一面に広がる星の輝き

「日本一星空が見やすい場所」に選ばれたこともある天文台。視界が360度に開けていて、低い位置にある星まで観測することができる。700km離れた場所に灯るろうそくが見えるほどの性能を持つ反射式望遠鏡での天体観測も楽しみ。ひろのまきば天文台北日本で最大級の性能を誇る反射式望遠鏡

ひろのまきば天文台

TEL/0194-77-3377

住所/岩手県九戸郡洋野町大野第66地割8-142

営業時間/13時~21時(入館受付~20時30分)

定休日/月~木 ※12月29日~1月3日と臨時閉館日を除く ※団体の場合、平日受付もあり(要予約)

料金/高校生以上210円、小中学生100円

アクセス/八戸道軽米ICより30分

「ひろのまきば天文台」の詳細はこちら

3.ゴジラ岩

夕暮れにたたずみ海に向かって炎を吐く!迫力満点の“イワ・ゴジラ”

ゴジラ岩岩礁地帯で足場悪し。歩きやすい靴で向かうこと

夕/夕焼け

昼にじりじり照りつけた太陽が沈むと辺りの熱気もふっと引いていく。

TVCMで有名になった“シルエットがまるでゴジラ”な岩。岩礁地帯である潮瀬崎に位置し、特に夕暮れどきにはゴジラの口に夕日が差し掛かり、その姿はまるで火を吐いているよう。ぜひシャッターチャンスを狙って訪れて。 ゴジラ岩

TEL/0185-24-9141(男鹿市観光商工課)

住所/秋田県男鹿市船川港本山門前

アクセス/秋田道昭和男鹿半島ICより45分

駐車場/なし

「ゴジラ岩」の詳細はこちら

4.龍泉洞

まだ未解明の部分も!大人も子どもも一緒にワクワクできる場所。

龍泉洞洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されている

外の暑さが嘘のようときおり触れる声上げる冷たさ。

日本三大鍾乳洞の一つに数えられる洞窟。総延長は3600m分が判明しているが、まだまだ未知の部分も多く、実際は5000m以上と予想されている。そのうち700mが公開中だ。世界有数の透明度を誇る青い地底湖も見応えあり!龍泉洞洞内で見つかっている地底湖は8つ。内3つが公開中だ 龍泉洞時間が産んだ芸術品のような鍾乳石にも目を奪われる
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy