ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警視庁が紹介した「水でカップ麺作り」にカップ焼そば系の商品で挑戦

警視庁が紹介した「水でカップ麺作り」にカップ焼そば系の商品で挑戦

災害時などに缶詰や備蓄用食品、カップ麺をストックしているご家庭はきっと多いと思います。筆者の家にもパンの缶詰やカップ麺など幾つかストックしてあります。そんな中、警視庁警備部災害対策課‏のツイッターアカウントで「水でカップ麺作り」というものが紹介されていました。

通常お湯をそそぐところ水を注ぎ食べられる状態に戻すという方法。災害時ではお湯を沸かすことすらままならない状況になることが充分考えられます。そのために水でもカップ麺が食べられる方法として提案されたものですが、実際どんなものか筆者も試してみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

災害時を想定して一度やってみようと思っていた『水でカップ麺作り』に挑戦!麺に味がついたカップ麺を用意し、水を注いで15分。麺は少しかためでしたが、スープもちゃんとしみ出して味もイイ感じ(驚)!試食した息子たちから「冷やしラーメンみたいでありだよ、あり!」と感想が出ました! pic.twitter.com/vOiEXtWspS

— 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) 2017年8月22日

警視庁警備部災害対策課‏が使用していたのは「麺に味がついたカップ麺」。商品名は伏せられていましたが恐らく「チキンラーメン」で実験したのではないでしょうか。ただ折角なので、筆者は「カップ焼きそば系」の商品で挑戦。通常であればお湯を注いで規定分待ち、お湯切りをするものですが……。

早速パッケージをあけて、調味料の袋を出して水を注ぎます。


そしてツイートにあったように、15分間待ってみました。中身のキャベツがちゃんと戻るかが心配です……。15分後……。水を切ります。


水切りをした麺に粉末ソースを絡めていきます。麺がなかなかほぐれない……。そして粉末はやはり絡みにくい……。

それでも頑張ってよぉーく混ぜ、他の調味料を入れて……。完成。そして実食。

うん、麺は硬めな食感。スナック菓子のような香りが漂います。キャベツは……微妙。でも調味料のおかげで食べられなくはないです。もうちょっと麺をふやかす時間が長くても良かったかも。

・感想:やっぱりお湯で作ったほうが美味しい。けど災害時はコレでもまぁいいや。

というわけで災害時に備えて皆さんも一度いろんなカップ麺で試してみてはいかがでしょうか。

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

これまた箸が止まらない…「無限ピーマン<洋風バージョン>」
大阪土産のルーキー『パインバウム』食べてみた 自分用と家族用が別々にいるやつだこれ!
インド独立運動の志士が伝えた「純印度式カリー」 中村屋から90周年記念の「プレミアムインドカリー」登場

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy