ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本に囲まれた空間で、本に描かれた食事をいただく

8月23日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、マニアが教えるとっておきのお店の特集で、「BUNDAN(ブンダン)」(東京都目黒区)が紹介された。

こちらは、およそ2万冊の本が並ぶブックカフェ。これらはすべてオーナーの私物だという。人の家の書斎に来た時のように落ち着き、本が読みたくなる雰囲気のお店だ。店内に飾られているのは、来店した有名作家達のサイン。食事は小説などの中から再現した料理を提供している。

例えば、小説の中で主人公が食べた朝食を再現した「ハードボイルド・ワンダーランドの朝食セット」(1,000円)や、食べると「L」の発音がよくなるという「タングシチュウ」(1,200円)などだ。

「シャーロック・ホームズのビールのスープとサーモンパイ」(950円)のビールのスープはバターで炒めた小麦粉に、ビールと様々な香辛料を加えて煮詰める、ヨーロッパで実際にある料理。苦みのきいた独特の味わいだが、その苦みにぴったり合うのがスモークサーモンを使用しジューシーな旨味が詰まったパイだ。

そして今回いただいた「レモンパフェ」は、自家製の爽やかなジュレとレモンのピール(皮)の味を際立たせるため、生クリームとバニラアイスは甘さ控えめ。高校の国語の教科書にも載っている小説にインスパイアされて開発されたレモンの冷たさをイメージしたパフェだ。

一口食べた近藤春菜さんは「ん~!もう甘さがほんとにちょうどいい、この夏に。まったく甘ったるくなくレモンの爽やかさと、清涼感がすごくきますね!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:BUNDAN COFFEE & BEER(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:代々木上原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:代々木上原×カフェ・スイーツのお店一覧
ジューシーだけれどサッパリしたステーキがいただけるお店
インドの家庭料理を楽しめるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。