ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

丁寧に作られた手作りパフェがおいしい夜カフェ

8月23日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、マニアが教えるとっておきのお店を特集で、「Neue(ノイエ)」(東京都世田谷区)が紹介された。

自然派ワインを扱うこちらのお店は、18時オープン。季節折々のフルーツを使ったパフェとマスターを目当てにやってくる女性客も多いという。トッピングのアイスやマカロンなどもすべて手作り。マスターは人気レストランで修行を積み、腕前は超一流だ。

自慢の「スガワラノプリン」(800円)はひとつ作るのに3日かかる。生地を混ぜ合わせ、1日しっかり置くことで気泡がなくなり滑らかな舌触りに。2日目に焼き上げ、それをもう一晩置くことで上に載ったカラメルがゆっくりと染みわたり、カスタードとカラメルが絶妙にマッチした一品だ。隠し味のハーブ酒によって爽やかな香りと濃厚な甘みとさっぱりとした後味が嬉しい大人のプリンになっている。

今回いただいた「桃のパフェ」(1,500円)に、1.5個分使われている桃は、煮込むのではなく熱々のカシスシロップに漬け込むことで外側は煮詰まったように甘く、果肉のフレッシュさを残している。パフェは仕上げに手作りのローズマリーアイスと桃・レモンを使ったシャーベットを共に添えて完成だ。

提供された「桃のパフェ」を見た一行は、「うわー!」「えーっすごい!」「ここで半分載ってるもん!」「大きい!」とビックリ。
シャーベットとアイスを一口食べた佐藤栞里さんは「お~!ん~!お~!おいし~い!ここ!ここだけずっと食べてても、私は同じ値段を払いたいくらいおいしいです!」と身振り手振りを加えてコメント。
さらに桃を頬張ると「柔らかくて甘くてジューシーでおいしい!あと30分ください」と言ってもう一度パフェを口に運んだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Neue Dessert&Natural wine(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:下北沢のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:バー・バル・ダイニングバーのお店紹介
ぐるなび検索:下北沢×バー・バル・ダイニングバーのお店一覧
ジューシーだけれどサッパリしたステーキがいただけるお店
インドの家庭料理を楽しめるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。