ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“政次ロス”大反響のアルバム『鶴のうた』に注文殺到

“政次ロス”大反響のアルバム『鶴のうた』に注文殺到

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で壮絶な最期を遂げた、小野政次(高橋一生)の追悼CD『鶴のうた』が話題を呼んでいる。

 2017年8月20日に放送された第33話『嫌われ政次の一生』で、高橋一生が演じる小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)が壮絶な最期を迎えたが、その政次を追悼するアルバム『鶴のうた』が8月23日に発売された。放送直後の20日夜からSNS上で本作の発売告知が行われると、翌21日からレコード店やインターネットでの予約が殺到。その反響の大きさは、初回盤を追加生産するほどだ。

 本作は、直虎の幼馴染、政次が生を全うするまでを全14曲で描いており、辞世の句と幼少から親しんだ禅語『百尺竿頭進一歩』を政次自身の朗読と本ドラマの音楽を手掛ける菅野よう子の音楽でつづられた涙の追悼企画だ。この企画は、事前に台本を読んだ菅野よう子が“政次ロス”になり、CDの内容、写真のセレクト、デザイン、仕様含め、自ら企画立案したもので、「本当に政次を愛する人と共に哀悼の意を捧げたい」という気持ちが込められている。初回盤には全24ページも及ぶ小野政次フォトブック『政次 命』が封入。また同じく初回仕様の三方背透明スリーヴ・ケースには、能面をイメージしたデザインを採用し、スリーヴからCDを取り出すと政次の素の顔が出てくるという趣向を凝らしたものとなっている。

◎リリース情報
アルバム『NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』緊急特盤 鶴のうた』
2017/8/23 RELEASE
SICX-30045 2,500円(tax out.)
※初回盤は小野政次フォトブック『政次 命』(全24P)封入、三方背透明スリーヴ・ケース

関連記事リンク(外部サイト)

高橋一生の生声が電話で聞ける「旅するコ-ル」 最終回レポ-ト地は「ヴェネツィア」篇
Mr.Children×高橋一生×黒木華『docomo』25周年CMメイキングムービー公開
高橋一生×武井咲×主題歌:never young beachのショートドラマ『Laundry Snow』公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy