ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidスマホのロケーション履歴で行動監視

Androidスマホのロケーション履歴で行動監視

Androidスマホには「ロケーション履歴」という位置情報を日付ごとに逐一記録する機能があります。ランニングコースを確認したり、旅行の思い出を振り返るなど、過去の自分の行動を確認する時に非常に役立つ機能です。このロケーション履歴を利用すると追跡アプリ代わりにターゲットの行動を監視できます。

ロケーション履歴で行動を監視

Androidスマホのロケーション履歴は、過去の自分の行動を確認するのに便利。しかし、ロケーション履歴の機能を有効にしたAndroidスマホをターゲットに持たせると、追跡アプリやGPSロガーとして行動監視に使えてしまいます。

ロケーション履歴は、Googleマップの「タイムライン」機能から確認可能です。移動ルートはもちろん、距離・移動手段・各地点での滞在時間に至るまでしっかり記録されるので、行動のすべてを監視・把握できてしまいます。

Androidスマホの「ロケーション履歴」を有効にするには、スマホの設定をタップして「Google」を開いてください。「位置情報」→「Googleロケーション履歴」を選択。ロケーション履歴を有効にして「この端末」をオンにすれば完了です。

ロケーション履歴で追跡できる

あとは、ロケーション履歴を有効にしたAndroidスマホを、さりげなくターゲットに持たせるだけ。端末と同じアカウントで、Googleマップにログインしたら「タイムライン」を開きます。

左上の項目から、ロケーション履歴の日付を指定。指定した日の移動履歴がGoogleマップ上に表示されます。これでターゲットの行動を追跡アプリやGPSロガーのように監視できるというわけです。

追跡用のスマホとは別にもう1台スマホを用意し、同じGoogleアカウントを設定すれば、ロケーション履歴を確認しながらほぼリアルタイムに追跡可能。「マップ」のメニューを開いて「タイムライン」を選択するだけです。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy