ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うるんだツヤ感で目もとに奥行きを。1本2役のスティックアイカラー

奥行きのある女性になりたい──。

昔は外見にばかり気をとられていたけど、年齢を重ねるにつれて、内面の奥深さも大切だと思うようなりました。

オルビスのアイカラー。1本で2役こなす優秀アイテム

20170823_orbis05.jpg

ジューシーアイカラーデュオ 3色 1,800円(税抜)

そんな”理想の女性像”への一歩をあと押ししてくれそうなのが、8月23日に「ORBIS(オルビス)」から数量限定で登場した「ジューシーアイカラーデュオ」。

アイグロスとアイクレヨンが1本のスティックになったアイカラーです。

使いかたは以下の通り。

▼HOW TO

1. まぶたの中心あたりに、アイグロスを3か所のせる

2. アイホール(眼球の上のくぼみ)まで、指でなじませる

3. 目尻あたりを軽く指で押さえながら、目頭から目尻へと、アイクレヨンを少しずつ滑らせていく

アイグロスを3か所のせるときには、目頭から「小・大・中」の大きさ順でのせると、よりきれいに仕上がるとのこと。

アイグロスの濡れたようなツヤ感と、微細なパールが配合されたアイクレヨンのきらめきで、一気に奥行きのある目もとに近づきます。

秋を先どる3つのカラー。気分に合わせて使い分けたい

アイクレヨンでラインの太さや描きかたを変えるだけで、印象も自由自在。

オフィスに行くときは指でぼかしたり、夜遊びに出かけるときは目尻を跳ねあげたりと、TPOや気分に合わせてさまざまな目もとを楽しめます。

20170823_orbis03.jpg

カラーは、「ジューシーブラウン」「ピンク」「カーキ」の3色。普段使いできる「ジューシーブラウン」も良いし、「カーキ」に挑戦して秋を先どりするのも良さそう。

この秋は「ジューシーアイカラーデュオ」と一緒に、奥行きのある女性を目指します。

ORBIS

こちらも読まれています

サッと拭くだけ。顔、洗わなくてもいい

服はベーシックで小物はビーチ映え。旅慣れ女子の必須アイテムを聞いてみた #sponsored

サンフランシスコ女子はコスメデパートに夢中。多数のブランドをミニサイズで試せる

■ あわせて読みたい

サッと拭くだけ。顔、洗わなくてもいい
サンフランシスコ女子はコスメデパートに夢中。多数のブランドをミニサイズで試せる
日本人の髪に感動。ブローとヘアスプレーが欠かせないサンフランシスコ女子
とろけて色づく。食べたくなるアイスキャンディのリップ #東京コスメ
アンダーヘア、ワキの黒ずみ…。海に行く準備できてる?
LINEだけじゃない。眉にもスタンプぽんぽん
「アラサー」に異議あり。実年齢に誇りをもって生きていく

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy