ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤田ニコルも絶句! 台風人間、翼竜忍者…最新UMA情報

藤田ニコルも絶句! 台風人間、翼竜忍者…最新UMA情報
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:河北麻友子)。22日のオンエアは「夏の終わりの超常現象SP!<未確認生物(UMA)編>」をテーマに、UMA研究家の中沢健さんと、藤田ニコルさんをゲストに迎えお送りしました!

世界中のUMAの情報に精通している中沢さん。実は「UMA」という言葉は割と最近、しかも日本発祥で、動物学者の實吉達郎さんとSF作家の南山宏さんが飲みの席で命名したのだとか。

中沢さんが実際にUMAに遭遇したことがあるかお聞きすると、「千葉県松戸市で目撃されている“マツドドン”の撮影に成功しました。いろんな新聞社に送ったんですけど、東スポさんにしか載せてもらえなかったです…」とのことでした。実はこの名前、松戸市市役所が命名した由緒ある名前で、70年代から目撃情報があり、問い合わせが殺到していたのだそうです。

そんな中沢さんに、最新のUMA情報を伺いました!

■世界中で目撃! 台風人間
「世界中で巨大な人のパーツが飛んでいる目撃事件が起きていて、一番多いのが目玉なんですが、他にも手だけが飛んでいたり…。私が3年前に入手したのが、相模原市の上空を巨大な鼻が飛んでいたんですね。たぶん一人の巨人のパーツがバラバラになって世界中を飛びまわってるんじゃないかと。簡単に言えば台風が進化したものだと考えてください」(中沢さん、以下同)

■茨城に出現! 空飛ぶ翼竜忍者
「茨城県の牛久の上空に現れた翼竜です。珍しいパターンなんですけど、一人の方が何度も撮影に成功していて、もう一人、別の方も目撃していて、その方は“忍者のようだった”と言ってます」

■東京で見られるUMA
「東京って人が多いだけあっていろんな話が入ってくるんです。東京駅八重洲口にビッグフットを小さくしたような猿人が現れたのを見たとか、だいぶ昔に1度、目撃情報があります。名のある方も都内で未確認生物を確認していて…三谷幸喜さんが脚本の作業でホテルで缶詰になっていた時に窓を見たら、飛んでいるトトロを目撃したり、声優の神谷明さんがスカイツリーを撮ったところにガメラのようなものが飛んでいたり」

その他にも、グーグルマップの火星版「グーグルマーズ」で見られるUMA情報の話など、大盛り上がりでした。

さて23日(水)の「AVALON」は「妖怪編」として、ナビゲーターのKenKenがライブ直後の岐阜県から、Dragon Ashと公開打上げ&妖怪トークで盛り上げます。お聴き逃し無く!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy