ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今大流行のセブ島留学を最高のものにするための、たった1つの準備

旅好きが集まる「TABIPPO」。メンバーの中で一番旅に出ているデザイナーのナナちゃん(@0103015 )は先日、セブ島から帰ってきました。ええ、それはもう、真っ黒に焼けて。

いつものようにフラリと旅をしていたのかと思ったら、どうやら聞いてみると「留学」に行っていたとのこと。そういえば、編集長の前田ルイス(@NY_ruisu )もつい最近、3ヶ月のセブ島留学から帰ってきたばかり。

なんだか、自分だけ流行に乗り遅れてる感が否めません……。セブ島で英語が勉強できるの?ご飯は口にあうの?お腹は壊さない?なんて不安ばっかり浮かんできたので、経験者のナナちゃんに聞いてみました!

 

セブ島留学には魅力がたくさん

photo by kanabe tatsuya

ナナ:セブ留学は学生が多いというイメージがありましたが、私が行ったのが6月だったこともあり、会社の社長さんや、ナース、理学療法士、高校学校の先生(歴史と数学)、アート関係、デザイナー、多くの人と出会うことができて、英語学習を目的としていきましたが、その成果と同じくらい存在感の大きい人との繋がりが出来ました!

そんな同じ学校の仲間と平日の授業、テストを乗り越えて週末はセブ島付近の島や滝に出かける予定を立てたり、勉強と遊びのメリハリがしっかりしてる生活そのものが大変でもありとても濃く、ちょっと遅れてやってきた青春のようなものになりました!

 

なになに、これだけでもなんだか楽しそう……。普段日本だと交流しないような人たちと出会うことができたり、そこで繋がりが生まれたりするなんて素敵すぎませんか?休みには島に出かけるなんて、なんて贅沢!

photo by nana

そしてさらに聞いてみると、セブ島留学の魅力は大きく2つ。

①他の国に比べて留学費用が安い
②マンツーマン授業のため成長が早い

留学費用に関しては、なんと欧米の3分の1程度なんだとか!プラス物価も安いため、滞在費もぐっと抑えることができますよね。また欧米の留学ではクラス制で勉強することが多いですが、セブ島留学では先生と生徒の1対1。確かにこれは、英語のレベルアップが期待できそうです。

 

セブ島ってどんなところ?

photo by kanabe tatsuya

比較的治安が良いと言われるセブ島。しかし経験者によると、カメラや携帯の盗難の被害もあるそうです。留学中とはいえ、そこは日本ではなく海外。普段海外旅行で意識するのと同じように、むやみに携帯を触らない、ポケットに入れないなどの対策は必要です。

またお腹を下したりして、ウイルス性胃腸炎や脱水症状を引き起こすことも。特に飲み物に氷を入れてその氷が元となって発症するケースが多いのだとか。

(筆者はベトナムで氷の入ったグラスを使ってビールを飲みましたが、運良くお腹は無事でした)もちろん避ける方が安全なので、氷なしで飲むことをおすすめします。

photo by kanabe tatsuya

ナナ:最近では身近になってきたセブですが、そうはいっても常識は日本とは違います。もちろん、ほとんどの人が親切で快い対応をしてくれますが、時にはタクシードライバーが金額をぼったくってきたり、道端でスリに遭うこともあります。

セブ市内を歩けば日本人は顔や服装で一瞬で国籍を見破られます。日本人=お金を持ってるという印象がゼロではないので、長期滞在とはいえども、最低限海外に行く際に気をつけることは継続して行う必要があると感じました。

 

photo by kanabe tatsuya

ナナ:私自身、学校の仲間、先生、近くのセブンイレブンの店員さん(笑)(仲良くなって毎回ソフトクリームをタダでくれたり)など、人に恵まれて楽しいセブでの生活を送ることができました。

ただ、私の周りで多くの見受けられたのがセブの汚染された空気による喉の痛みや風邪、それに伴った熱を発症する仲間が毎週多くいました。その際学校にもよりますが、私の滞在していた学校では週に1度、日本語が伝わるドクターに診察してもらえる機会がありました。

しかし、保険に入っていなかったら全額自己負担だったり、カード付帯の保険の場合も治療に際し、契約証が発行されないので補償内容の確認で時間がかかったりしました。なので事前に保険に加入してから海外の長期滞在に行くのはもちろん、自分の入っている保険がどの範囲まで医療費を補償してくれるかなど、健康な時に確認しておくのが大切なんだなと思いました。

 

なるほど、日本語が通じるドクターがいるのは心強い!ですが、カード付帯の海外旅行保険ではカバーできない部分も出てくるかも……。学校によっては海外旅行保険の加入が必須となっているところもあったり、トラブルの起こる可能性が高くなる長期の滞在となると、旅行保険の加入は必須ですね。

数ある海外旅行保険の中で、今注目を集めているのは「[email protected]たびほ」という海外旅行保険。スマホで簡単に加入することができ、保険料もお求めやすく、さらにセブ島でのサポートもバッチリ!と嬉しい3本柱となっています。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。