ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイダーガール、待望の1stフルアルバムのリリースが決定

サイダーガールが、10月18日に待望の1stフルアルバム『SODA POP FANCLUB 1』をリリースすることを発表した。現在TBSテレビ系全国ネット「CDTV」の8月、9月のエンディングテーマとしてもオンエア中のメジャーデビューシングル「エバーグリーン」を含む全11曲が収録で、バンド史上初のフルアルバムとなる今作は、幅広い楽曲に爽快感や儚さが詰まったまさに“炭酸系”作品となっている。また、初回限定盤には2017年4月22日に行われた渋谷クラブクアトロでのライブ映像が収録された初の映像作品となるDVDを同梱! アルバムリリースに先駆けて、冒頭を飾るボーカル楽曲「メッセンジャー」が8月30日から先行配信される。
サイダーガール (okmusic UP's)

さらに、すでに発表されている11月からのライブツアー『TOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-』の5箇所のワンマンライブ公演に加え、8箇所の対バン公演の日程も発表された。自身最大規模となる13公演の全国ツアーとなる。対バンは後日発表する予定。なお、チケットは8月23日(水)20:00よりプレイガイドにて先行予約受付がスタートされる。
【サイダーガール メンバーコメント】

■Yurin(Vo&Gt)

『ロックが好き、パンクが好き、ポップスが好き、バラードが好き、アイドルが好き、色々あると思います。たくさんの人に聴いてもらいたい。みんな巻き込んでいけたらな。そんなアルバムになりました。よろしくお願いします!』

■知(Gt)

『初の1stフルアルバムが出ます。今作もメンバーそれぞれが作詞作曲した楽曲が収録されます。僕たちの得意武器で戦う楽曲、新たな試みに挑戦した楽曲、ありのままを晒け出した楽曲。とにかくバラエティに富んだ一枚になりました』

■フジムラ(Ba)

『サイダーガール初のフルアルバムをいよいよリリースします!『フル』というものを存分に活かし、沢山の音楽を幅ひろ~く詰めました。この楽曲達を引き連れたツアーがどんなものになるのか。今からワクワクしております。バラエティに富んだ『SODA POP FANCLUB 1』、今年の1枚はこれで決まり!ヨロシクね!』
『サイダーガール TOUR2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-』
11月18日(土) 大阪 梅田CLUB QUATTRO(ワンマン)

11月19日(日) 名古屋 名古屋CLUB QUATTRO(ワンマン)

11月26日(日) 東京 恵比寿LIQUIDROOM(ワンマン)

12月01日(金) 水戸 LIGHT HOUSE(対バンあり)

12月03日(日) 札幌 札幌COLONY(ワンマン)

12月09日(土) 高松 DIME(対バンあり)

12月10日(日) 広島 CAVE-BE(対バンあり)

12月16日(土) 新潟 CLUB RIVERST(対バンあり)

12月17日(日) 金沢 vanvan V4(対バンあり)

【2018年】

1月13日(土) 岡山 PEPPERLAND(対バンあり)

1月14日(日) 福岡 LIVE HOUSE Queblick(ワンマン)

1月20日(土) 宇都宮 HEAVEN’S ROCK VJ-02(対バンあり)

1月21日(日) 仙台 MACANA(対バンあり)

<チケット>

8月23日20:00からイープラス最速プレオーダーが開始

受付URL http://eplus.jp/cidergirl/
アルバム『SODA POP FANCLUB 1』
2017年10月18日発売

【DVD付き初回限定盤】

UPCH-7358/¥3,780(税込)

【通常盤】

UPCH-2138/¥2,700(税込)

<収録曲>

01.(message)

02.メッセンジャー

03.エバーグリーン

04.なまけもの

05.メランコリー

06.グッドモーニング

07.至心酩酊存在証明

08ナイトクルージング

09.成長痛

10.Forside Moonside

11.くらし
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy