ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べ過ぎ・飲み過ぎになりがちな大型連休!お休み明けの緊急ダイエット法のポイント3つ

生活リズムや食生活が乱れがちな大型連休……

お盆休みをはじめとする連休は、生活リズムや食生活が乱れがちになります。休み明けにおそるおそる体重計に乗ってみたら驚愕の数値が!!というパターンを繰り返している人も少なくないのでは?
そしてリカバリーすべく数日ほどは頑張ってみるものの、思うように体重が減らず、「もう痩せないのではないか」と……諦めモードになってしまい、そのままダイエットをやめてしまうなんてことも。

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、調査レポート『連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ』を公開。今回はその方法をご紹介します!

食べ過ぎたときは、早めのケアを!

連休は心身ともに開放され、リラックスできることはとても良いことですし必要ですが、ダイエットに関しても気持ちが緩んでしまいます。
こういった事態を避けるには、連休明けのすぐの対応の仕方が重要です。食べすぎ飲みすぎのすぐ後日の対処次第で、大きな体重の増加を防ぐことができます。

まずは、体重の増えてしまうパターンを簡単に説明します。

食べすぎてしまった翌日すぐに体重が増えているということは少なく、ここでホッと安心して何日か同じように食べ続けてしまうと、3~4日後に急に増えてしまうことがあります。
ここでは、脂肪量の増加というよりは、体が水分を溜め込んでむくみを生じたり、便通が滞ったりすることなどが原因で体重が増えてしまうことが多く、あくまでも一時的なものです。
食べすぎが続けばもちろん体脂肪量は増加してしまいますが、2、3日ほどカロリーオーバーしたからといって、すぐに肥満化するわけではありません。ゆえに食べすぎた後日は、早めにケアすることが大事なポイントになってきます。

食べすぎ・飲みすぎ後のリカバリー方法3つ

【ポイント1】
食べすぎた次の日は、基本的には食べすぎたものを避けること。また、糖質(炭水化物)を極力抑え、脂肪の多い肉や揚げ物は食べず、魚や豆類、野菜などで食事の満足感はキープしつつカロリー調整をします。
カロリーカットよりも糖質オフダイエットが全盛の昨今ですが、カロリーオーバーは確実にダイエットに影響します。食べ過ぎたそのすぐ後日は、摂取カロリーを抑えるようにします。

【ポイント2】
朝起きてすぐから、ノンカロリーの水分(水や砂糖の入っていないお茶など)を積極的に摂ること。
1日に1~1.5リットルをクリアするつもりで飲みます。そんなにたくさん飲める?と思うかもしれませんが、少量ずつをこまめ分けて飲むことで意外と無理なく摂取できる量でもあります。これは特にお酒の飲みすぎに有効ですので、翌日には実行してみてください。

【ポイント3】
お腹が空いていなければ食べないようにします。
意外とこれができない人が多い「なんとなく食べ」で、肥満の大きな原因になります。口寂しいというのもこの一種で、必要ないものまで食べてしまっているのです。
食べすぎが続くと、満腹感が収まってくるだけでお腹が空いたような錯覚を起こす人もいますが、それは栄養補給のための空腹感とは別物。 自分の食欲の変化をよく観察し、1日の食事リズムを整えましょう。5~6時間の間隔を目安に食事を取り、食欲がない時は無理して食べずに軽めにしておきます。

我慢のしすぎはドカ食いの元!

食事の内容については、一食でバランスを良くしようとするとなかなか難しいですが、1日の中で、あるいは数日ぐらいのトータルでバランスを取れれば問題ないでしょう。

また、我慢しすぎては必ず反動が来てしまいますから、普段から適度に食べることで満足感を得るようにしておくほうが良いでしょう。
例えば、「土曜日はケーキを食べても良い日(ただし1個まで、など)」といったようにルールを決めておけば、たまのご褒美感を味わうことができますし、そうすることでストレスが軽減され、満足感も得られます。

食べすぎてしまっても、早めのリカバリーができれば、ダイエットを順調に進めることができます。我慢のしすぎや無理なダイエットは長続きしません。ご自身のライフスタイルに取り入れられることを実践してみてください。

詳しい説明はこちら!
microdiet.net『連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ』https://microdiet.net/diet/001097.html

■microdiet.netとは
microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信。また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開している。

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。