ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。

ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。

南米ぺルーのマラス。この地帯は、約6,000年前までは海だったとのこと。それが、地殻変動で隆起してアンデス山脈が生まれ、海は巨大な塩の塊(岩塩)となったようだ。岩塩は、ゆっくりと地下水に溶かされて塩水となり地上に湧き出すのだそう。

この塩水を、段々畑の棚田に引き込み、天日乾燥をして自然塩を採取しているのが「マラスの塩田」。標高3,200mのマラスには、約4,000もの棚田があるようだ。 

気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で10万人もの観光客が訪れるというのも頷ける。

山の斜面に広がる
信じられない光景

ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。ペルーで訪れるべきは、マチュ・ピチュだけじゃない。

これらの写真を撮影したのは、「How far from home」という、フォロワー数15万人以上のInstagramアカウントを運営するカップル。

2年間で世界41ヶ国を旅したとふたりにとっても、特別な場所であったようだ。ペルーといえば、マチュ・ピチュの遺跡が有名だが、ここも足を運ぶべきスポットかも。Licensed material used with permission by How Far From Home

関連記事リンク(外部サイト)

南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。
【ナスカ】ペルーの都市、リマからナスカの地上絵へ。広大な土地を駆ける、美しきバスの旅
韓国を知り尽くしたプロがこっそり教える「絶景スポット7選」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy