ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生児の夜泣きに悩んでいた私。アメリカの女医さんに教えてもらった「スワドリング」

新生児の夜泣きに悩んでいた私。アメリカの女医さんに教えてもらった「スワドリング」 f:id:akasuguope04:20161107152705j:plain

待望の我が子との対面。待っていた現実は、恐ろしい「夜泣き」でした。しかし、私はアメリカでは良く知られるある方法で乗り切ることができました!

わたしは、2児の母で、2人ともアメリカで出産しました。

1人目はニューヨークのマンハッタンで、慣れない英語と格闘し、長い陣痛(日本人だから、自然に産んでみせるという意味の分からない意地を張り、無痛分娩のための麻酔を拒否し続けました。結局のところ無痛分娩になりました笑)に苦しんだあとに無事に4000グラムの巨大な女の子を出産しました。

病院では、母子分室でしたのでそれほど、「夜泣き」には苦しみませんでした。アメリカは、長くても2泊3日で退院なので、すぐに退院となりました。沐浴や授乳の指導は特になく、ポーンとはじめての育児の世界に放り出されました。

生後4日からの新生児とのはじめての生活。

自宅に戻ると強烈な「夜泣き」に悩まされました。くわえて出産の後に、巨大な痔が姿を現し、その痛みと格闘しながらの育児。今思い出しても辛いものがありました。 関連記事:ベッドに寝かせるとギャン泣きスイッチON!新生児の夜泣きに悩まされた日々

夜中に、アパートの外を歩いたり、換気扇の音を聞かせたり、ミルクを与えたり、子守歌を歌ったり、あの手この手を駆使しながら、やっと寝たと思いベッドに寝かすとまた大泣きという繰り返しでした。

耐えかねて、妊娠から出産までを見守って下さった現地の女医さんに泣きついたところ、この先生のアドバイスで、抱っこしながらの寝かしつけのあと、ベッドに置いても起きずに3.4時間寝続けてくれるようになったのです。

「夜泣き」は確実に減ったのです。

その方法とは、とっても簡単。大きめのおくるみで手足をくるっと巻くだけです。この方法をアメリカでは、「スワドリング」といいます。

スワドリングは、手足の自由を少し制限することで、原始反射である「モロー反射」(自分の意志とは別に赤ちゃんがビクッと手足をびくつかせる反射です。赤ちゃんは自分の手足の反射で驚いて泣いたりします。)を抑制して、まるでお母さんのおなかの中に包まれているような感覚になり、安心して眠れるようです。

そういえば、入院中の娘はグルグル巻きだったな。と、ここでようやく思い出しました。出産した病院でもスワドリングされていました。アメリカでは、とてもメジャーな方法でほとんどの病院で実施されています。

スワドリングがしやすい商品は、(日本でいうおくるみ)沢山販売されています。

この「スワドリング」は、生後0~4か月くらいの赤ちゃんに有効のようで、それ以降は手足の力がついてくるので、肌蹴てきてしまいます。

また、モロー反射もなくなってきますので、少しずつ自然に寝てくれるようになっていきました。

まさにこの瞬間、新生児の夜泣きに苦しんでいるママさん!一度試してみて下さいね。 関連記事:夜泣きシーンがトラウマに!育児の全てがいい思い出になるのはいつだろう? by つかさちずる

f:id:akasuguope04:20161020133341p:plain

著者:LUAN

年齢:36歳

子どもの年齢:1歳・3歳

2児の母。不妊治療(顕微授精)の末、アメリカで出産・育児を経験

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1日の大半を寝かしつけで費やした長男の赤ちゃん時代。2人目以降は…勝手に寝てる!by マルサイ
ベッドに寝かせるとギャン泣きスイッチON!新生児の夜泣きに悩まされた日々
寝ない

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy