ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3児のママのおすすめはコレ! チャイルドシート選びのポイントとは?

f:id:akasuguope04:20161111144238j:plain

チャイルドシートは6歳未満までの幼児を対象に使用が道路交通法で義務付けられています。また、6歳から11歳ごろまでジュニアシートを使用することが推奨されています。

しかし、一概にチャイルドシートといえどもたくさんの種類があり、何を選ぶべきか悩んでしまいますよね。

基本的にはまず、車種や適応年齢に合ったものを選ぶ必要があります。

我が家がチャイルドシートを選んだ基準は、産院から自家用車で帰宅する予定だったので、新生児から4歳ごろまで使用できるものというのがひとつ。そして私自身は車を運転しないので、乗車頻度は少ないと考えて、固定式でよいというのがひとつ。以上2点の理由から、我が家では固定式で赤ちゃんの頭を優しくホールドしてくれるチャイルドシートを選びました。 関連記事: 1台目のチャイルドシート選びで失敗した私。次男のために新たに選んだのは・・・

また、生活スタイルによっても、チャイルドシートを選ぶポイントは変わってきます。

車移動が多く、ママもよく運転する、という人には、シートの向きを変えられる回転式のチャイルドシートがおすすめ。赤ちゃんを車から降ろすときに、シートごとドア側に回転させられ、乗り降りさせやすくて便利です。

また、車からベビーカーに乗り降りさせることが多い人には、ベビーカーとチャイルドシートをドッキングさせられる、ベビーカー兼用タイプがおすすめです。

このタイプなら、車の乗り降りの際に赤ちゃんを起こしてしまう心配もなく、また、そのまま持ち運びできるベビークーハンとしての使用方法もあります。

ちなみに我が家もこのタイプ。3輪タイプのベビーカーを使用しています。これは2台目のバギーとして購入したのですが、このベビーカーはチャイルドシート(生後1日目から使用可能)とドッキングすることができます。

そのほかにチャイルドシートを選ぶポイントは、シートの生地です。

最近のチャイルドシートは、生地もたくさんの種類があり、メッシュタイプで通気性を考えられたものや、可愛いカラーや柄など豊富なバリエーションから選ぶことができると思います。

我が家は子どもが3人いることもあり、全部で4台のチャイルドシートを持っています。1台目は新生児から使えるチャイルドシート、2台目は1歳頃から使用できるチャイルド&ジュニアシート、3・4台目は座面のみのブースタータイプのジュニアシートです。

現在、上の2人はブースタータイプのジュニアシートを使用しています。3人目は、2台目であるチャイルド&ジュニアシートを使用しています。

このチャイルド&ジュニアシートは、年齢や体重に応じてシートを変形させていくことができ、最終的にはブースタータイプのみの使用が可能です。

幼児期を過ぎればブースターで長い間使用することになるので、我が家にはこのタイプが便利だと思い1人目のときに購入しました。我が家の3人とも順に使用していてかなり大活躍のチャイルドシートです。また、カップホールドがついているので飲み物だけでなく、おやつやおもちゃなどを入れて使用できるのもお気に入りのポイントです。

小さな子どもたちを危険から守るものだからこそ、しっかりこどもに年齢や体型にあったもの・ママも使いやすいもの・何より安全なものを、じっくり選びたいものですね。 関連記事:2歳差兄弟、チャイルドシートはお下がり出来ない?買い替えはこう乗り越えた! by ゆむい

f:id:akasuguope04:20161019163050j:plain

著者:kiimama

年齢:30歳

子どもの年齢:7歳・4歳・2歳

毎日ドタバタ育児中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1台目のチャイルドシート選びで失敗した私。次男のために新たに選んだのは・・・
チャイルドシート選びで失敗した〜!使ってみて不満があったポイントを教えます
新生児のチャイルドシート。私の考える、選ぶポイントや便利な使い方

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。