ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃墟の女王で、膝わらう。

廃墟の女王で、膝わらう。

廃墟の女王に近づけるぞ
(しかも合法で!)

廃墟の女王で、膝わらう。

7月19日、私は神戸・三宮行きの新幹線でにやけていた。なぜなら、仕事という名目で「マヤカン」を見れるからだ。 

『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカン。かの軍艦島が“廃墟の王様”ならば、マヤカンは“廃墟の女王”。青々とした山のなかにたたずむ、アール・デコ調の建築。その優雅で神秘的な姿に魅了されるファンも少なくない。廃墟の女王で、膝わらう。廃墟の女王で、膝わらう。廃墟の女王で、膝わらう。

マヤカンのような名高い廃墟を、不法侵入などではなく合法で、しかも白昼堂々と見れる。そんな噂を聞きつけて取材を申し込み、私が参加することになったのが「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」だった。

これは、地元団体「摩耶山再生の会」が運営するガイドツアーで、山道を下りながら摩耶山の歴史や信仰の跡をたどることができるというもの。そのコースにマヤカンが含まれているというわけだ。

頭の中はマヤカンで一色の私の脳内。しかしこの数時間後、私は摩耶山のポテンシャルに打ちのめされることになるのだった…。

ガイドウォークの、その前に

参加するにはまず申込が必要だ。ガイドウォークの日時および予約フォームのオープン日はこちらから確認することができる。

ちなみに、予約フォームがオープンするのは実施日から3週間前の13時。摩耶山再生の会・事務局長であり、ガイドを務める慈憲一さん曰く「30秒でいっぱいになるんです」とのこと。クリック合戦必至なので、予約開始日の予定も確認しておくことをおすすめする。

参加費は1,770円(保険料含む)+まやビューライン乗車料(大人1,230 円、小人630 円)。これは当日受付にて支払う。

当日は歩きやすい服装で、飲み物、タオル、帽子、雨具を持っていこう。

13:00 摩耶ケーブル駅に集合

廃墟の女王で、膝わらう。

集合場所は摩耶ケーブル駅集合(受付は12:50より開始)。クリック合戦を勝ち抜いた参加者たちがぞろぞろと集まり始める。参加者は、地元の方もいれば、産業遺産の観光資源化について学んでいるという学生もいた。

13:20 摩耶ケーブルに乗車

廃墟の女王で、膝わらう。

「今日はようこそおいでくださいました!」

車内では慈さんからの挨拶、そして今日のコースの説明がある。天候、山道の状況などによって、コースは変わるそうだ。

ちなみに、摩耶ケーブルは大正14(1925)年1月に開業した歴史あるケーブルだ。地元・灘出身の慈さんにとって思い出深いものらしく、「摩耶山再生の会」を始めるきっかけとなった路線でもある。廃墟の女王で、膝わらう。

5分ほどで、摩耶山の中腹にある虹の駅へ。涼しい。それもそのはず、下の市街地と比べると摩耶山中はマイナス5度なのだという。

「涼しいんですけど湿度は高いので、熱中症になる可能性があります。飲み物は忘れずに!」

13:35 摩耶ロープウェーに乗車

廃墟の女王で、膝わらう。

中腹の「虹の駅」と山頂の「星の駅」をつなぐのは摩耶ロープウェー。

こちらは、昭和30(1955)年7月に「奥摩耶ロープウェー」として開業し、当時は「100万ドルの夜景を見れる」と人々に愛された。阪神・淡路大震災で休止したが、平成13年3月に再開。ケーブルとならび、歴史ある乗り物だ。

ふと後ろを振り返ると、そこにはマヤカンの姿! ゴンドラ内、ざわつく。廃墟の女王で、膝わらう。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy