ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スペイン式目玉焼き」は“焼かない”らしい

f:id:Meshi2_IB:20170627181343j:plain

先日、スペイン在住の知人から、衝撃的な事実を聞かされました。

「スペインの目玉焼きは焼かないらしい」

スペインでは目玉焼きを、「huevo frito(ウエボ フリト)」と呼んでおり、訳すと文字通り「フライドエッグ」。

なんと焼くのではなく、「揚げる」が基本なのだそう!

皆さんも興味ありますよね、揚げる目玉焼き……。

それっていったいどんな感じなの!? せっかくなので作ってみちゃいました。

とりあえず日本式の目玉焼きを”焼いて”みる

f:id:Meshi2_IB:20170627181303j:plain

とりあえず、肩慣らし的に日本で一般的な目玉焼きの作り方をおさらい。

まず、少量の油をひきます。

f:id:Meshi2_IB:20170627181307j:plain

卵を割って、焼きます。

f:id:Meshi2_IB:20170627181311j:plain

出来上がり! 至ってシンプル!

お好みで塩・胡椒やしょう油で味付けを。

我ながら、とろ~りとした黄身と、プルプルの白身の絶妙なバランスが組み立てられたと思います。

これが目玉焼きの黄金比!

そう信じて疑わなかった自分が、まさか目玉焼きを「揚げる」ことになるとは……なんとも微妙な気持ちです。

これがスペイン式! 目玉焼きを「揚げて」みる

f:id:Meshi2_IB:20170627181316j:plain

さて、続いてスペイン式の目玉焼きに着手したいと思います。

今回は、知人の留学先のホストマザーが教えてくれたスタンダードなレシピで作ります。まずは油をフライパンにひくのですが……さて。

もう、この時点でちょっとおかしいのがわかりますよね?

オリーブオイルどーーーーーーーーん!!

揚げ物ができるレベルのたっ~ぷりオリーブオイルに、ニンニクを入れて熱していくのです。

f:id:Meshi2_IB:20170627181320j:plain

卵を割ってオリーブオイルの中に入れ、揚げ焼きしていきます。

かなり油がはねるので、やけどに気をつけましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170627181323j:plain

白身が固まってきたあたりで、追いオリーブ。

目玉焼きの上からさらにオリーブオイルをまわしかけます。

f:id:Meshi2_IB:20170627181331j:plain

徐々に白身が揚がっていくと、黄身を覆い隠す勢いで膨らみ始めます。

黄身の色がピンクに変わり始めたらフライパンからすくいあげましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170627181335j:plain

「スペイン式目玉焼き」、これで完成です!

……出来上がってみると、かなり謎の物体ですね。

ふちがカリッとなっていて、日本の目玉焼きとはまったく違ったイメージの食べ物になっています。

f:id:Meshi2_IB:20170627181339j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy