ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【uchuu,】 常に進化し続けるアーティストでいたい

表現の幅にとらわれず、音楽だからこそできること。表現者としての高みを追求し続けるuchuu,が新体制となって初のリリースとなるEP『KEEP ON』についてK(Vo&Gu&Key&Programming)に話を訊いた。
L→R Hiroshi(Sequence&Percussion)、Airi(Dr)、K(Vo&Gu&Key&Programming)、sujin(Bassguitar&SynthBass) (okmusic UP's)
──まずは、改めてuchuu,について教えてください。結成から活動を続ける中で、どういった変化がありましたか?
「1日限りの限定的な気持ちで始めたんですが、そこからいろんなイベントに呼ばれるようになり…だから、当初から変わらず自分が大切にしているのは、いつも応援してくれる人たちですね。結果、今一緒に音を鳴らしてくれているメンバーももともとuchuu,を応援してくれていた人ですしね(笑)。だからこそ、続ける中で同じ表現者の人に刺激を与えられるような音楽を作りたいと思うようになりました。」
──2016年6月にリリースしたアルバム『+1』は、今改めて振り返ってみてどういった作品ですか?
「いろいろなことを詰め込んだ作品ですね。悪く言うといろいろやりすぎてたなって(笑)。逆に、今聴いてもバリエーションに富んでいて、この作品があったから今回の作品につながった。僕自身、ようやくuchuu,のひとつ、完成形が見えるきっかけになった作品です。」
──uchuu,は音楽の表現の幅にとらわれず、最近では音楽と3Dホログラムを融合したライヴ(6月4日@DMM VR THEATER YOKOHAMA)を開催しましたが、“表現”といった面でこだわっていることや追求していることは? 音楽だからこそ表現できることはどういったことだと思いますか?
「目に見えない音楽だからこそ、目に見えない愛、情熱、気持ちが伝わるんだと思うんです。音楽のいいところってそういうとこなのかなって。じっくり時間をかけて確実に染み込んでいくのかな。それに比べて、他の芸術表現は直接的だからこそ伝わるものがある。詞も同じだと思います。だから、その異なる表現を掛け合わせた時に新しい表現になる。ある種のアクシデントですよね。そういうアクシデントから生まれるハッピーが僕は好きなんです。」
──前作から約1年3カ月振りとなる今作EPには“KEEP ON”(~し続ける、進み続ける)と名付けられましたが。
「僕らの決意表明ですね。収録されている全ての楽曲に紐付いています。進み続けてきたからこそ発表することができましたし、これからもuchuu,を続けるからこそ出会える人たちがいると信じて“KEEP ON”にしました。テンプレート的な音楽ではなく、これから先、常に進化し続けるアーティストでいたいなと思って、その先駆けになるような作品にしたいなと考えていました。」
──収録されているのは全5曲ですが、他にも候補がある中での選曲ですか?
「実はデモ段階の曲はたくさんありましたし、一度レコーディングしたにもかかわらず、一度消去してリアレンジした曲がほとんどですね。そりゃもう大変でした(笑)。「Keep on living in my music,」は僕の大好きなアーティストの方が他界したことをきっかけに今しかないと想い、制作した曲です。何度も何度もトライ&エラーを繰り返しました。ひとつひとつの音作り〜ミックスまで。僕らの音楽って一聴すると情報量がものすごく多くて、難しそうな人たちがやってそうだと思われがちなのですが、そうじゃなくて、細かいところにまでこだわりをもって制作しているだけなんです。だから、難しく考えず、ストレートに受け取ってもらえたら嬉しいです。」
──「over myself」はビートがしっかり効いたダンスミュージックですね。
「もともとはすごくロックでプログレッシブな楽曲だったんです。レコーディングしたんですが、どうしてもこれだ!って感じがなくて、2度も作り直した曲です。結果、僕の今もっとも旬な感じがふんだんに出た楽曲になりましたね(笑)。僕が大好きなシンセサイザー“ARP ODYSSEY”が活躍してます。ちょっと前の自分だって、頑張れば超えられるんです。きっとね。この曲で僕がそうだったように。」
──「未来都市」は明るく軽快な曲調とサウンドで、希望を見出すような楽曲ですね。タイトルの“未来都市”はuchuu,がファンと一緒に作り上げる『未来都市-miraicity-プロジェクト』にも使われていますが、どのようなイメージがありましたか?
「僕が制作に入った頃、日常会話でよく耳にしていた“ま〜いいんじゃない?”的な言葉に違和感を覚えて、そんなことを積み重ねてたら未来で後悔しちゃうんじゃないかって思ったのがきっかけです。ファンファーレのようなホーンに行進できるようなティンパニー…人生をRPGに比喩して、ファンのみんなと一緒に作り上げられる楽曲を作りたいなって思って制作しました。」
──ゆったりと時間を刻んでいくような「am2:35」は呟くような歌で、時間に沿ったドラマチックな展開ですね。
「誰にでも過ごしたことのある時間に、僕が思ったことをありのまま歌いました。不安と期待のバランス感覚がとれなくなった時、心の中に何かよく分からない感情が渦巻いた時、この曲を聴いて明日と向き合ってほしい。やさしく微笑んでくれるはずです。」
──「TimeLINE」は浮遊感のあるリフレイン、立体的で動きのあるサウンドが印象的でした。
「この曲は1stミニアルバム『Weltraum;Gate』にも収録されている曲をリアレンジしたものなんです。青春を過ごす子や、大人になれない大人たちへ向けた曲です。目に見える存在ではなく、目に見えない存在感のほうが人は大きく影響を受けるから、ここにいなくたって、忘れなければいつも側にいると感じられるから。僕らのこと、僕らの音楽が忘れられた時、僕らはこの世界にいないも同然ですから。どうか、忘れないでください。そして、一度触れてみてください。」
──制作を終えてみて、何か感じたことはありましたか?
「自分たちが思っている以上に、エレクトロな集団だなと思いました。スタジオセッションでは曲が作れないし、考えて考えて、作っては作り直して…でも、それを表現するステージでは情熱的なロックで。サウンドにもそのバランス感覚がサウンドにも出ているのかなって、いい発見でした。」
──『KEEP ON』はどのような一枚になりましたか?
「初めましての人も、きっと1曲は好きな曲が見つかると思います。どうか、僕らの曲の中で好きな曲と出会ってください。自信を持って、誰にも真似できない曲たちだと思います。できるもんならやってみてほしいです(笑)。」
──9月からは全国を回るリリースツアー『uchuu,1st e.p. release tour 2017「KEEP ON」』を開催することが決定しましたね。
「アーティストなんて、みんながいないと存在できない儚い存在です。だから、ライヴに足を運んでほしいしですね。僕らだけじゃなく、あなたの大好きなアーティストだって同じ。忘れられた時、僕らはいないも同然ですから。そのために僕らは誰にも真似のできないサウンドとフロアーを用意して待っています。楽しみにしていてください。」
取材:高良美咲
EP『KEEP ON』
2017年9月6日発売

SPACE SHOWER MUSIC

【初回限定盤(DVD付)】

PECF-9027 ¥2,160(税込)

【通常盤】

PECF-3179 ¥1,500(税込)
uchuu,
ウチュウ,:大阪出身のロックバンド。ダンスミュージック的なグルーブやエレクトリックな質感に加え、ロック的なダイナミズムとエモーションに満ちたバンドサウンドが特色。2017年5月に4人体制となり、9月には新体制初となる5曲入りEP『KEEP ON』をリリースする。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。