ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?

大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?

「活版印刷」という言葉にピンとこない人のために簡単に説明すると、金属や樹脂、または木で作られた活字や版にインクをつけて、圧をかけながら紙に印刷する、という昔ながらの印刷方法のこと。美術の授業でやった木版と同じように、出っ張った部分にインクをつけて印刷します。

大量生産化やオートメーションが進む一方で、一つひとつ自分の手で愛情を込めてものづくり楽しみたい、という人も増えている気がします。

そんな声に応えるべく誕生したのが、活版印刷ワークスペース「echos(エコース)大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?

初心者も安心の
「ワークショップ」あり

活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってものづくりができるワークスペースとなります。

こういった場を待ち望んでいた人ももちろんですが、ここは、活版印刷に馴染みがない初心者の人でも気軽に利用できるのが特徴。

世界にひとつしかないオリジナル商品が、しかも簡単に作れるようにとワークショップも開催されているので、季節ごとのグリーティングカードなどを作りながら体験できるそう。スタッフが丁寧に対応してくれるので、デザインの知識がないという人も心配ありません。大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?

「オリジナル」に
挑戦してみる

echosには活版印刷の機械はもちろん、必要な紙やインクが揃っています。その場で選んで印刷することも、色を混ぜ合わせて自分のオリジナルカラーをつくることもできます。

金属や木の活字もあるので、版が無くても文字だけ組み合わせて印刷も可能。

慣れてきたら、名刺や結婚式のグリーティングカードなどを作ってみるのもあり。1枚1枚異なった印刷ができるので思い入れが増すし、渡す相手のことを思うと、暖かみのある作品に仕上がることでしょう。大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって? 箔押しやシルクスクリーンなど、通常の活版印刷より豪華なものも作れるそうです。活版印刷機は予約制で、1時間1,000円。大阪の「あたたかい印刷」が楽しめるシェアワークスペースって?

名前の由来でもある「Echo」には「こだま」の他に、反響や共鳴などの意味もあります。活版印刷にかける思いがまさに反響と共鳴を呼び、クラウドファンディングを達成して生まれたワークスペースです。

味わいのある印刷体験を、大阪でぜひ。

echos(エコース)

住所:大阪府大阪市中央区博労町1丁目2
営業日:火曜日、木曜日、土曜日または日曜日
営業時間:火曜日と木曜日/11:00〜21:00、土日祝日/10:00〜19:00
※要予約

Licensed material used with permission by CAMPFIRE,echos(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

ハイブリッドな「活版印刷」ってなに?
活版印刷の名刺を作りたい。
大阪でただひとり。現役「刀鍛冶」が、包丁を鍛錬する姿を見にいこう。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy