ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1万円で買える中華GoProはどれを選ぶべきか?

1万円で買える中華GoProはどれを選ぶべきか?

高画質でタフに使えるアクションカメラがブームだ。とはいえ、本家GoProはなかなか手が出ません。そこで、安価な中華GoProの出番です。とはいえ、中華GoProはいろいろあるため、一体どれを選べばよいのか迷うところ。そこで、1万円で買えるおすすめの中華GoProを紹介しましょう。

中華GoProの代表格がSJCAM

「GoPro HERO5」の高性能さは疑いの余地がありませんが、4万円以上…。となると、各種アクセサリーが同梱された安価な中華製のアクションカメラが候補。中には着実に性能を向上させ、日本市場でシェアを伸ばしているモデルもあります。

そんな中華GoProの代表格が、すでにランドを確立しているSJCAM製品です。ベストセラー「SJ5000X Elite」は、Amazonなどで14,000円前後。資金に余裕があればこちらを選んでおきたいところです。

しかし、1万円以上出せないというなら、数ある中からベストアンサーを探るしかありません。カメラの性能は、SoC(チップセット)・C-MOSセンサー・レンズ・ファームウエアで大方決まります。

おすすめの中華GoProがAPEMAN

そこで、おすすめの中華GoProがAPEMANの「A80」です。チップセットは、Novatekの「NTK96660」を搭載。スペック的にはSJ5000Xに近いといえます。APEMANは新興勢力であるものの、メーカーサイトがあり純正オプション類も展開中です。

撮影した画像はコントラストがはっきりしている印象。無調整の状態では、黒が沈みがちとなる傾向があります。WDR・ホワイトバランス・露出補正などの編集機能をひと通り備えているため、調整は可能です。

この中華GoProのサイズ/重さは59W×42H×30Dmm/65g、バッテリーは1,050mAh。実勢価格は9,000円前後です。Amazonのタイムセールの対象となり、2017年6月には7,000円台で購入できました。(文/まりえん)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy