ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

耳を触ると嫌がる素振り。生まれて初めての発熱は「外耳炎」でした

f:id:akasuguope04:20161107151320j:plain

子どもが6カ月の頃でした。

耳で計測する体温計を使っていたのですが、毎朝の日課である体温を測ろうとしたところ、少し嫌がる素振りが見られたのです。機嫌が悪いのかなと思いつつ、微熱もあったので、念のため耳鼻科を受診することにしました。

耳鼻科では、体温計を耳に差し込む際に嫌がる様子が見られたことを伝えたものの、特に異常はないとのことで一安心。微熱もそのうち下がるだろうと思い、帰宅しました。

ところが、その夜のことです。夜中の授乳が終わり、いつもならすぐに寝てくれるところ、ぐずぐずとしてなかなか寝てくれないのです。

普段と少し様子が違うなと思いながらも、しばらくするとお互いそのまま寝てしまったのですが、明け方変な時間に目を覚ました子どもを抱っこしてみて驚きました。身体がとても熱いのです。

慌てて熱を測ってみると、38度5分ありました。そして、耳を触ると明らかに痛がる様子が見られました。 関連記事:3ヵ月の赤ちゃんの耳から異臭?!受診を渋る夫、でも母の勘で小児耳鼻科へ!

その時は生まれて初めての発熱だったので、私自身がどうしたら良いのか動揺してしまいました。「普通の風邪だったら小児科を受診だよね。でも昨日からの耳を痛がる様子も気になるから、それなら耳鼻科に行った方が良さそう。どうしよう。」などとあれこれ考えたのですが、しばらくすると寝てくれたので、自分を落ち着かせる為にもそのまま少し様子を見ることにしました。

2時間ほど眠り目を覚ました子どもの熱を再び測ってみると、微熱まで下がっていました。そこでようやく冷静に考えることができ、耳を痛がる様子から、小児科ではなく耳鼻科を受診することにしたのです。

再び耳鼻科を受診すると、今度は”外耳炎”と診断されました。前日診察して貰った際は”異常なし”と診断されたのですが、病気の初期段階では医師も判断がしにくいのだと思います。タイミングが悪いと、1日で大きく症状が変わることもあるのだとゾッとしました。

今回のように赤ちゃんの発熱は、風邪だと思っても、実は別の病気が原因ということも考えられるのです。いつも通っている小児科では通常風邪で受診した場合、診察で聴診器を当てたり喉の様子を見たりしますが、耳の様子を見ることはまずありません。

もしかしたら、周りが普通の風邪だと思っていても、実は他の病気が原因だった場合には、受診する科が違うと大きなロスになってしまう可能性だってあり得るのです。

赤ちゃんの普段と違った様子は、お母さんにしか気付けません。いつもと違う点、なんとなく心に引っかかった点が、赤ちゃんが普通の風邪かどうかの見極めになることだってあるのです。

言葉でうまく症状を伝えられない赤ちゃんだからこそ、ママもお医者様と同様大切なホームドクターという意識と自信を持って、日々関わっていくことが大切だなと感じています。 関連記事: 2か月の赤ちゃんの耳が臭い…?!耳垢かと思いきや、病院に行ってわかった原因

f:id:akasuguope04:20161019164641p:plain

著者:ハーモニー

年齢:40歳

子どもの年齢:1歳8ヶ月

料理やお菓子作りが好きな1児の母です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

第二子は免疫のスパルタ教育!? 生後半年までの赤ちゃんは風邪をひかないと思っていたのに…
退院時の検診で心臓に雑音が。閉じるはずの血管が閉じない「動脈管開存症」って?
新生児は風邪をひかない、はウソ!? 生後4週目で咳の風邪にかかった娘

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy