ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WONK所属レーベル“エピストロフ”דブルーノート”、セロニアス・モンク生誕100周年記念ALを発表

WONK所属レーベル“エピストロフ”דブルーノート”、セロニアス・モンク生誕100周年記念ALを発表

 WONKが所属するレーベル“エピストロフ”と、ジャズ・レーベル“ブルーノート”がタッグを組み、セロニアス・モンクの生誕100周年記念アルバムを10月11日にリリースすることが発表された。

 2016年9月にリリースした1stアルバム『Sphere』が各所で話題を呼んだエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONK。彼らは、ジャズ史上最高の鬼才と称されるセロニアス・モンクの名前(MONK)をもじってグループ名にするなど、モンクのどこにも属さない独創的な姿勢やスタイルを理想に掲げており、本プロジェクトはかねてから温めていたものだという。

 モンクの100回目の誕生日の翌日である10月11日にリリースされる本アルバムには、WONKに加え、エピストロフ・レーベルが厳選したミュージシャン、ラッパー、ビートメイカーなど新進気鋭の10組のアーティストがセロニアス・モンクへのトリビュート・トラックを新録。ブルーノート・レーベルは、近年ロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズ、クリス・デイヴなど、ジャズのフィールドを超えた刺激的な作品を発表しているが、本作はその流れに呼応した作品となることが期待される。参加アーティストなどの詳細は、追って発表される予定となっている。

 なおWONKは、9月6日にツイン・アルバム『Castor』『Pollux』を2枚同時リリースすることが先日公表されたばかりだ。

◎リリース情報
『タイトル未定』
2017/10/11 RELEASE
UCCJ-2147 2,600円(tax out)
epistroph/Blue Note
※収録曲目・参加アーティストは後日発表

関連記事リンク(外部サイト)

山中千尋、セロニアス・モンクの生誕100周年記念コンピをリリース
山中千尋、ジャズ界の巨匠セロニアス・モンクへのオマージュ・アルバム発売
WONKが2枚アルバム同時リリースを発表、先行シングルのミュージックビデオも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy