ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源、新曲でJ-POPに欠かせないアレを封印?

星野源、新曲でJ-POPに欠かせないアレを封印?
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。8月13日(日)のオンエアは、星野源さんをゲストにお迎えしました。

歌、芝居、執筆とさまざまなジャンルで引っ張りだこの星野さん。なかでも昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBSテレビ)の主題歌「恋」では、「恋ダンス」が社会現象にまでなりましたよね。なんと、元アメリカ大使のキャロライン・ケネディさんも踊っています。

そんな事態に、「本当にびっくりしました。たまたま映像をみんなで…ちょうど撮影が全部終わったぐらいだったんですけど、仰天しました。ホントすごいことになってるって」と星野さん。ダンスは星野さんがミュージックビデオのために振付師のMIKIKOさんにお願いし、「MIKIKOさんとただ楽しんで作ったダンスで、曲も自分たちの好きなように作ったら、ドラマのお力もあり、みなさんが真似してくれてありがたかったです」と話します。

そんな星野さんが今一番楽しいという時間は「何もしないこと」だそう(笑)。かなりお忙しそうですからね。なんでも今、Netflixで放送中の「マスター・オブ・ゼロ」という海外ドラマにハマっているとか…。

そして星野さんは、8月16日(水)にニューシングル「Family Song」をリリースします。こちらは放送中のドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ)の書き下ろし主題歌。「ドラマが家族を扱っているので、やっぱり主題歌も家族をテーマにしたいなぁと思って。いわゆる家族をテーマにした曲っていっぱいあるじゃないですか…そのなかで、幸せな感じの家族の歌で、MVとかで家族がいっぱいいる、みたいな。そういうの見て『いい歌だな』ってすごい思うんですけど、でも、いつもふと心の中で思うのが『これ見たときに、家族いない人ってどうしたらいんだろう』って」と星野さん。

そのため、「これからの家族の歌を作りたいなと思って。これからもっと、多様化っていうか、いろんな家族のカタチがあると思うので。たとえば犬も家族だったり、自分の友だちや仕事仲間のことをファミリーって言ったりするじゃないですか。そういう意味も含めて血のつながりだけじゃなくて、もっと広い意味でのファミリー。そこに愛があればファミリーなんじゃないかっていうテーマで書いてみたいなと思って作りました」と制作エピソードを明かしてくれました。

広い意味でのファミリーソングであれば、世代も性別も関係なくどんな人にも共感できそうですね! そしてサウンド面についてのこだわりもお聞きしました。今回は60年代末から70年代前半くらいまでのソウルをモチーフにしているそう。

「シンバルを一回も使ってないんです。ハイハットはあるんですけど。当時もそうですし、割と最近のR&Bとかもシンバルを使ってない曲って洋楽ではたまにあるんですよ。でも、J-POPでシンバル使ってない曲って、たぶん一曲もないくらいなんじゃないかなって。打ち込みなら違うと思うんですけど」(星野さん)

シンバルを使わない曲をずっと作ってみたかったそうで、今回やってみたとのこと。「すごくいい感じになった」と手応えを感じているようです。実際、シンバルが入っていないと印象はどう変わるものなのでしょうか?

「僕も一番最初にやった楽器がドラムなんですけど、何かと小節の間に入れたくなるんです。入れないとリセットされないんですよね。AメロとBメロが自然とつながるっていうか…サビもつながって。物足りない気持ちにはなるんですけど、それをアレンジで工夫して」と解説してくれました。このこだわり、気付いていた方いますか? そしてミュージックビデオもかなり話題になっています。公開からたった14時間でなんと100万回再生を記録。これは、星野さんのこれまでの作品の中でも最速だそう。その映像では星野さんがサザエさん風のお母さんを演じています。まだチェックされていない方は、音源とあわせてぜひご覧ください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜 13時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy