ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BRAHMAN、ニューシングル「今夜/ナミノウタゲ」 詳細が解禁に

BRAHMANが10月4日に発売するニューシングル「今夜/ナミノウタゲ」のトレイラー&ジャケ写、作品詳細を公開! 収録内容は既報の通りだが、7STARSによるジャケットが遂に公開となった。水を巧みに使用し、水面が揺れる瞬間を切り取ったものとなっている。
BRAHMAN (okmusic UP's)

そして、毎回注目度の高い初回特典盤付属DVDの詳細も決定。内容は新木場studio coastで行われたTour「戴天」ファイナル公演のライブとドキュメンタリーを収めたもので、当初はこの日一日をギュッと凝縮した内容になるはずだったのだが、あまりの内容の濃さに収録曲を大幅増量! かなり見応えのあるDVDに仕上がった。本日公開されたトレイラーからも溢れる熱量を感じることができるはずだ。

■BRAHMAN SPECIAL SITE

http://brahman.site
【ニューシングル「今夜/ナミノウタゲ」 作品紹介】

「不倶戴天」以来7ヶ月ぶりという、BRAHMANとしてはかなり異例なハイペースでニューシングルがリリース。しかも、ハードコアに寄った前作とは真逆の内容で、その振り幅の広さ、懐の深さに、容易に頭が追いつかない。「不倶戴天」が動なら、今作は静。「今夜」、「ナミノウタゲ」共にじっくりと歌を聴かせる、BRAHMANのアナザーサイドとも言える楽曲に仕上がっているのだ。郷愁を誘うTOSHI-LOWの力強くも優しい歌声、歌を引き立たせながらも、細やかかつ大胆に展開する演奏が楽曲に深みを与えている。

「今夜」では細美武士(the HIATUS / MONOEYES)、「ナミノウタゲ」ではハナレグミをゲストボーカルとして迎えている点にも注目したい。2人のコーラスがそれぞれの楽曲に奥行きを加えている。「今夜」は寺山修司原作、菅田将暉&ヤン・イクチュンがダブル主演をつとめる映画「あゝ、荒野」(10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇が公開)の主題歌にも起用されている。

先日、初の日本武道館単独公演の開催が発表され、予想以上の反響を呼んでいるBRAHMAN。しかし、彼らにはまだまだ進むべき道があり、やるべきことがある。とどまることを知らない4人の勢いは、さらなる着地点を既に見据えている。
Tour「戴天」 LIVE & DOCUMENTARY /「今夜」TRAILER MOVIE

https://youtu.be/WimD38tmxusシングル「今夜/ナミノウタゲ」 
2017年10月4日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TFCC-89633/¥2.000+税

<収録曲>

■CD

1,今夜

2,ナミノウタゲ

■DVD

Tour「戴天」 LIVE & DOCUMENTARY

全15曲/TOTAL TIME:57分

1. 守破離 GUEST:KO (SLANG)

2. GOIN’ DOWN

3. 賽の河原

4. SEE OFF

5. SPECULATION

6. EPIGRAM

7. ONENESS

8. 終夜

9. FOR ONE’S LIFE

10. 怒涛の彼方

11. NEW SENTIMENT

12. 警醒

13. 不倶戴天

14. ラストダンス GUEST:ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)

15. 不倶戴天

【通常盤】(CD)

TFCC-89634/¥1.000+税

<収録曲>

1,今夜

2,ナミノウタゲ

【️アナログ 7inch 】

TFKC-38029/¥1.000+税

<収録曲>

side A:今夜

side B:ナミノウタゲ
『BRAHMAN 「八面玲瓏」』
2018年2月09日(金) 日本武道館

開場17:30/開演 19:00

アリーナスタンディング ¥6,000( 税込 ) スタンド指定席 ¥6,000( 税込 )

※全券種に日本武道館[八面玲瓏]記念メダル付き

■『BRAHMAN 「八面玲瓏」』特設サイト  

http://brahman.site
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。