ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スクウェア・エニックス三宅陽一郎さんに聞いた──なぜ、人工知能に「哲学」が必要なのか?

この連載について

いきなりですが「哲学」と聞いて、皆さんは何を想像しますか?

「とっつきづらい」「難しそう」から「実は興味がある」「書いたコードが哲学」「すべての答えは42」──。

十人十色のイメージがあると思いますが、哲学には、小難しい専門用語を用いるのではなく「問いを立てて考える態度」という側面があります。

人工知能のシンギュラリティ問題をはじめ、「テクノロジーが良い使われ方をするのか、悪い使われ方をするのか?」という問題を考えたとき、その責任の一旦はエンジニアにあります。

シリコンバレーを代表とするIT業界には、イノベーションに楽観的な風潮がありますが、安易にその流れに乗ってしまうと、「ちゃんと考えていない」「あとで思わぬ重責に気づいてしまう」という状況に陥る可能性があります。

本連載では、テクノロジーが加速的に発達する社会において、テクノロジーを扱うエンジニアが「どのような社会を作るために働くべきか?」という問いを考えられるような問いを発してみたいと思います。

いわゆるプロフェッショナルの流儀的な「エンジニア哲学」や「エンジニアとしての成長ヒント」のような話は、出てこないかと思います。ただ今一度「エンジニアとは何か?」ということを問い直すきっかけになれば幸いです。

※楽しくゆるやかな内容なので、肩肘張らずお気楽にお付き合いください。

記念すべき第一回のゲストは、スクウェア・エニックスのゲームAI開発者、三宅陽一郎さんです!

株式会社スクウェア・エニックス 三宅 陽一郎さん
テクノロジー推進部 リードAIリサーチャー。「FINAL FANTASY XV」リードAIアーキテクト。京都大学卒。2004年よりデジタルゲームにおける人工知能の開発・研究に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員、CEDEC委員会委員。Twitter: @miyayou

本連載のナビゲーターを務めるのは、哲学に詳しくないエンジニア代表・瀬尾浩二郎と、哲学に詳しいライター・田代伶奈。

今回は三宅さんに「エンジニアに哲学は必要か?」を議題にお話していただきます。

なぜ哲学×人工知能なのか?


今日は初回なので、まずは「エンジニアに哲学は必要か?」というテーマを考えましょう。三宅さんは「人工知能のための哲学塾」など、さまざまな活動をされています。


えっと、三宅さんは基本的にエンジニアという認識で大丈夫ですか?


はい、大丈夫です。


個人的には哲学に最も詳しいエンジニアだと思っています。そんな三宅さん、哲学への関心は人工知能のお仕事をされてからですか?それとも、もともと興味が?­­


もともとですね。ずっと哲学書が好きだったんです。中学の頃の愛読書がデカルトだったので。

デカルト(1596-1650):「我思う、故に我あり」の人。近代哲学の祖といわれる。主著『方法序説』『省察』など。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。