ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾ロングステイ~台湾での生活を楽しむ5つのコツ~

日本人に大人気の海外旅行先の一つ、台湾。きっと短期の旅行だけでなく、長く台湾に住むことを計画しておられる方も多くいらっしゃることでしょう。

留学、ワーキングホリデー、仕事、国際結婚など留まる理由は様々かと思いますが、長く住んでいくうちになんだかしんどいな、と感じたりホームシックになったりすることもあるものです。帰りたければいつでも帰れる自由な立場ならまだ良いのですが、留まる理由によっては日本に帰るわけにはいかないという場合もあります。

この記事では、台湾でのロングステイを楽しむにはこんなことを試してみるとよいかも、と台湾で暮らす筆者が感じたコツを5つご紹介します。

家を探すときは、条件だけでなく大家さんの人柄も大事

台湾ロングスティ~台湾での生活を楽しむコツ~
こちらは移動準備の段階になりますが、台湾では住む家の条件に加えて大家さんの人柄って結構大切だと感じます。台風や水回りの問題など、外国でトラブルが起きると日本にいるときよりも慌ててしまうものです。大家さんの人柄がよく、長く接していくうちに信頼関係を築くことができていると、何か問題が起こったときに相談しやすくなります。

台湾人から学びたい「沒關係」という心

台湾ロングスティ~台湾での生活を楽しむコツ~
「沒關係(メイグアンシー)」とは大丈夫、気にしないで、という意味で、台湾でよく聞かれる言葉の一つです。何か迷惑をかけてしまったかな、というときに台湾の方からこの言葉をかけてもらえると、ほっとするものです。

時々、「そこ気にしなくて大丈夫!?」というような場面でもこの言葉が聞こえてきますが、日本人はもしかしたら細かいことをいろいろと気にしすぎなのかもしれません。台湾の方のように肩の力を抜いて「沒關係~」といろいろなことを気にせずに流すことができると、気持ちがずっと楽になるのかも。

日本との違いにがっかりせず、違いを楽しむ

台湾ロングスティ~台湾での生活を楽しむコツ~
台湾に限らず外国でよくやってしまいがちなことは、日本と比較してその国の文化や習慣を否定してしまうことかもしれません。「日本だったらありえない」と言ってばかりの生活では、ストレスはたまるばかり。

日本との違いにがっかりするのではなく、台湾のよいところを知るように努力しながら違いを楽しめるようになると、生活が楽しくなっていくのを感じることでしょう。

お気に入りのレストランや食べ物を見つける

台湾ロングスティ~台湾での生活を楽しむコツ~
毎日の生活の中で、食事って重要な位置を占めていると感じます。現地での食事が合わないというのは、思った以上にストレスに感じるものです。台湾に移動した方から時々聞く悩みの一つは、「八角が苦手なので台湾料理をおいしいと思えない」というもの。これはちょっとしんどいな、と思ってしまいます。

台北などの都心には日本料理のお店もかなり進出しているので、日本で好きだったお店が台湾にないか調べてみるのもよいかもしれません。また、台湾料理の中にも日本人の口に合うメニューはたくさんあります。まわりの方においしいお店を訪ねたりレストランの口コミサイトを参考にするなど、お気に入りのレストランや食べ物を増やしていくというのもひとつの方法です。

台湾の方との交流を楽しむ

台湾ロングスティ~台湾での生活を楽しむコツ~
家で一人でいる時間が長いと、日本での生活を懐かしむあまりホームシックになってしまうかもしれません。空いている時間を活用して台湾の方と積極的に交流するようになると、台湾の魅力を感じることのできる機会をたくさん持つことができるでしょう。

また、台湾に住んでいる日本の方との交流もよいものです。外国に住む日本人としての立場からくるいろいろな悩みを共有できる機会となることでしょう。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy