ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いよいよ開催!「SONICMANIA 2017」の見所をチェック

いよいよ開催!「SONICMANIA 2017」の見所をチェック
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」。(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「FESTIVAL LOVERS」。8月16日(水)のオンエアでは、18日(金)の夜スタートする「SONICMANIA 2017」をピックアップ。SUMMER SONICやSONICMANIAを企画制作するプロモーター、クリエイティブマンの平山善成さんにお話を伺いました。

もともと、SONICMANIAは“冬フェス”として2月頃に行っていたもので、その後、SUMMER SONICの前夜祭として復活しました。早速、平山さんに、今年の見どころをお聞きしました。

「カサビアン、リアム・ギャラガー、ジャスティスという3本柱があって、そんな中で僕が注目しているのが『!!!』(Chk Chk Chk)です。初出場ですが、ライブバンドとして定評があるので、夜中から間違いなく盛り上がるんじゃないかと思って期待してます」(平山さん)

ステージは3つあるそうですが、どのステージも見やすいようにタイムテーブルが組まれているため、見ようと思えばいろいろなアーティストを見ることができます。しかも、屋内なので天候にも左右されません。

サッシャ:そのほか、サマソニでおなじみのカサビアンは、日本での人気が高いですよね。
平山:UKを代表するロックバンドとして君臨してますし、海外ではヘッドライナーとして出るのが当たり前になってますからね。あとは、新人系のD.A.N.とか、CANDYTOWNとか…
サッシャ:Perfumeも出ますね!

SUMMER SONICに参加する人の中には、体力を心配している人もいるかもしれませんが、SONICMANIAが朝の5時に終了した後、SUMMER SONICが始まる朝9時までは休憩スペースもあるため、そこで休んでいただければ…とのことでした。都市型フェスなので思い立ってフラッと行ける距離。週末の予定が未定の人は、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy