ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベルセバのリチャード、USツアー移動中に置いてきぼりに 翌日無事バンドに合流

ベルセバのリチャード、USツアー移動中に置いてきぼりに 翌日無事バンドに合流

 20年以上の活動歴を持ち、大所帯バンドとして知られるベル・アンド・セバスチャンだが、今週頭彼らのドラマー、リチャード・コルバーンがとんだ災難に見舞われたようだ。

 現地時間月曜日、現在アメリカをツアー中の彼らは、ミネアポリス州セイント・ポールに向かう途中、ノースダコタ州のとあるレストストップ(休憩エリア)に止まったのだが、しばらくしてそこにリチャードを置いてきてしまったことに気付いた。フロントマンのスチュアート・マードックは自身のTwitterに、「ヤバイ。リチャードをノースダコタ州に置いてきてしまった。どうにか彼をミネアポリス州セイント・ポールに送り届けてくれるような“ヒーロー”はいないかな。ライブを開催できるかが、かかってるんだ」と投稿。多くのファンによる返信の中から、バンドの広報担当エレン・シェイファーが、リチャードの移動手段を確保した。

 スチュアートが翌日The Currentに語ったところによると、当時スマホや身分証明書を所持していなかったリチャードは、ウォルマートで4時間以上も過ごしたのち、近くのホテルにチェックインし、夜を過ごしたとのことだ。そして次の日、周囲の手助けもあり、無事にビスマルクまで送ってもらったリチャードは、そこから飛行機に乗り、ライブ会場へ向かったそうだ。この時、スチュアートは「みんな手助けしてくれてありがとう。リチャードは無事に飛行機に乗ったから大丈夫だよ。パジャマ姿で、ミモザを飲んでる」とウィンクしている絵文字を添え、ファンたちに報告した。

◎スチュアート・マードックによる投稿
https://twitter.com/nee_massey/status/897478870605209600
https://twitter.com/nee_massey/status/897490664920928257
https://twitter.com/nee_massey/status/897565046729056256

関連記事リンク(外部サイト)

【朝霧 Jam】ラインナップ第1弾発表! ベルセバ/ウィルコ・ジョンソン/EGO-WRAPPIN’/UAら17組の出演が決定
ベル・アンド・セバスチャン、約6年ぶりの単独ツアーが2017年10月に決定
2月開催【Hostess Club Weekender】より第1弾ライブ映像が公開!ベルセバ、カリブーら全7組

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。