ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エマ・ワトソン×トム・ハンクス共演、映画『ザ・サークル』予告編解禁 日本公開は11月

エマ・ワトソン×トム・ハンクス共演、映画『ザ・サークル』予告編解禁 日本公開は11月

 エマ・ワトソン、トム・ハンクスらが出演する映画『ザ・サークル』の公開が11月に決定し、併せて予告編が解禁された。

 この映画は、主人公のメイ(エマ・ワトソン)が世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業“サークル”に採用され、ある事件をきっかけにカリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、超小型カメラによる新サービス“シーチェンジ”のモデルケースに大抜擢されたことから24時間のリアルライフを全世界に公開するというストーリー。1人の女性にスポットを当て、プライベートが可視化された世界の恐怖が描かれた作品となっている。

 この度公開された予告映像は、世界一ホットな企業を訪れ期待に満ち溢れたメイの姿からスタートする。SNS上であらゆるものをシェアすることで、世界はより良くなっていくという信念を持つカリスマ的リーダー、ベイリーに迎えられ、サークルの先進的な考えに陶酔していくメイ。だが、魅力的なサービスの裏で「あなたにはプライバシーはありません」という不穏なナレーションが流れると雰囲気が一変し、SNSが脅威となって襲いかかってくるスリル感のある映像に仕上がっている。なお、映画『ザ・サークル』は11月10日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国ロードショー。

◎『ザ・サークル』予告編
https://youtu.be/lX-dMP3yVaE

◎公開情報
『ザ・サークル』
2017年11月10日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国ロードショー
監督/脚本:ジェームズ・ポンソルト
原作:デイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」(早川書房)
音楽:ダニー・エルフマン
出演:エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボイエガ、カレン・ギラン、エラー・コルトレーン、ビル・パクストンほか

関連記事リンク(外部サイト)

『美女と野獣』大ヒット記念、エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンスらサイン入りポスターを抽選で1名様にプレゼント
『美女と野獣』ロンドンプレミアでエマ・ワトソンと山崎育三郎らキャストが対面
エマ・ワトソン主演、『美女と野獣』が実写映画化決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。