ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Wienners】 Wiennersは“音楽的戦闘民族”

“真・Wienners、ついに完成!”と宣言しているかのような全曲新録のベストアルバム『BEST NEW RETAKES』が到着。その制作背景を玉屋2060%(Vo&Gu)が熱く語る!
L→R 玉屋2060%(Vo&Gu)、KOZO(Dr)、アサミサエ(Vo&Key&Sampler)、∴560∵(Ba&Cho) (okmusic UP's)
──先日拝見したWiennersのライヴがめちゃめちゃ素晴らしかったのですが、今回、再録ベスト盤『BEST NEW RETAKES』を制作したのも、“現在の良いバンドの状態で過去曲をリテイクしておくべきじゃないか?”という判断からでしょうか?
「まさにそうです。2015年5月にメンバーが変わって、アレンジも細かいところが変わっているので、ライヴでやっている曲を今のメンバーの状態で録りたいという気持ちはありましたね。“このタイミングなら作れる!”という。あと、“Wiennersのことは知ってるけど、いろんな曲があるからちょっと取っつきにくいなぁ”と思っている人に向けて、“ライヴでぶちアガれる曲”をセレクトして。」
──収録曲は最近のライヴでの定番曲ばかりですね。
「ライヴと直結した作品を作りたいと思ったんです。曲順を決める時も“このままワンマンライヴができるみたいな感じにしよう”と思って、最初はバーッとテンションの高い曲があって、だんだんと歌ものになって、最後に“神様―っ!”みたいな感じで終わる(笑)…そういう流れを作りたかったところもあります。」
──聴かせてもらって感じたのは、ベスト盤ってやはりバンドの特徴が出るものだなと。Wiennersのサウンドってブレイク=キメが多いですよね? そこがはっきり分かります。
「そうですね。なんでWiennersにキメが多いかと言うと、それは人を驚かせる手法というか、音楽でお化け屋敷みたいなことがしたいんです(笑)。考えてもいなかった角度から攻撃されるみたいな。だけど、バチバチにキメたり、転調したり、リズムが変わったりしても…言い方は悪いですけど、馬鹿でも乗れるというか、キメがあって複雑で乗りづらいというのは絶対にNGで、初見の人でもちゃんと一定のリズムで乗れて、だけどコロコロと変わっていくという。」
──「ジュリアナディスコゾンビーズ」~「VIDEO GIRL」~「BECAUSE I LOVE IT」は、まさにそんな感じですね。ブレイクは多いですが、完全にイケイケですものね。
「止まらない感じはありますね。変拍子が多いバンドって途中でノリが止まったりするんですけど、そうならないようにしているし、それはすごく重要だと思ってます。分かりづらかったり、マニアックだったりするものをそのままやるのってわりと簡単だと思うんですね。そうじゃなくて、自分が好きなマニアックなもの…パンク、ハードコア、ジャズ、ソウル、ファンク、フュージョンといったもののリズム構築の仕方とかを、どうやってお茶の間レベルまで引き上げるか、それをどうやってエンターテインメントとして観せることができるかということをすごく考えていて。それはこのバンドのテーマというか。」
──確かにWiennersの面白さの中には通常では合わないものを混ぜているところがあると思います。それはバンドメンバーもそうで、一見キャラクターはバラバラに思えて、それこそブレイクではビシッと合う。これがこのバンドの強靭なところだと思いますね。
「そこに関して言えば、今回録る前に相当準備しました。例えばベーシストはすごく主張するベースを弾くんで、ほんと綿密に打ち合わせを重ねて、“このコードの中のこの音が歌と合うからそっちに動いてほしい”とか、1フレーズずつ細かいことをやっていったんで、結構大変で(苦笑)。」
──バンド内でしっかり意思統一を図ったということでしょうか?
「“Wiennersってこういうもんなんだ”というものを作るという意志のもとに動いていったところはすごくありますよね。それはどういうものかと言うと、音楽的戦闘民族…“このバンドは音楽を武器にしている、まだ誰にも発見されていない民族だ”と(笑)。だから、ライヴは攻撃的にいきたいし、キメも“かめはめ波”みたいなものだという(笑)。そういう話をメンバーに伝えて、みんなで“それでいて、ちゃんとエンターテインメントとして楽しませるものに昇華していきたいよね”という話はしましたね。」
取材:帆苅智之
アルバム『BEST NEW RETAKES』
2017年8月16日発売

No Big Deal Records

【初回限定盤(DVD付)】

NBPC-0042〜3 ¥3,000(税抜)

【通常盤】

NBPC-0044 ¥2,400(税抜)
『Wienners BEST NEW RETAKES TOUR 2017 』
8/28(月) 山形・酒田hope

8/30(水) 北海道・札幌SOUND REW

9/01(金) 宮城・仙台enn 3rd

9/14(木) 愛知・名古屋CLUB UPSET

9/15(金) 大阪・Shangri-La

9/17(日) 福岡・Queblick

9/28(木) 東京・渋谷WWW X
Wienners
ウィーナーズ:2009年初頭、玉屋2060%を中心に吉祥寺弁天通りにて結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこかやさしくて懐かしい香りを放つ男女ツインヴォーカルの4人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器にさまざまなシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断し続けている。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。