ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハリー・ポッターの生家が約1億4000万円で売り出し中

ハリー・ポッターの生家が約1億4000万円で売り出し中

「ハリー・ポッター」の世界に登場する家のうち、実在するプリベット通り4番地の家や、ハーマイオニー・グレンジャーの幼少時代の家などは、これまで売りに出されたことがある。しかし、最新のハリー・ポッターホームには、それらの家を上回る価格が付けられている。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』で”生き残った男の子”ハリーの生家として使われた家が現在、129万ドル(約1億4,151万円)で売りに出されているのだ。ファンにとってこの家は、ハリーの両親であるリリーとジェームズがヴォルデモート卿に惨殺された場所として思い起こされるだろう。

場所はイングランドのサフォーク州ラベンハムという中世の趣を残す村。14世紀に建てられた美しい木造家屋で、英国では首相官邸に次いで写真撮影される機会の多い家だという。理由はすぐにお分かりいただけるはずだ。

この家は14~17世紀に有力なDe Vere家に所有されており、その仕上げには由緒ある家柄が見て取れる。独特な外観では露出した木材、ヘリンボーンスタイルの木骨れんが造り、鉛枠のガラス窓が目を引く。中世様式やチューダー様式のディテールは、室内の露出した骨組み、塗装された壁、石造りのらせん階段などにも続いている。

物件は現在、個人居住部分とB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)部分に分かれているが、販売情報によれば、両者は容易に連結して一家族居住用の邸宅にできるそうだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ハリー・ポッターの生家が約1億4000万円で売り出し中

売れっ子DJの稼ぎが凄い!世界で最も稼いだDJランキングが発表

店先に貼られたユニークな注意書きが話題に

オスカー女優ルピタ・ニョンゴの『パワーレンジャー』のコスプレが気合い入り過ぎww

話題を呼んだピンクイルカが再び姿を現す

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。