ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気爆発中!可愛すぎるカワウソのアイドルちぃたんにメロメロ

人気爆発中!可愛すぎるカワウソのアイドルちぃたんにメロメロ

可愛い動物は見ているだけで笑顔になれる魔法を持っているような気がするのですが、SNSやYoutubeなどの動画サイトでも見ない日はないくらい、毎日かわいい動物たちの姿を見ては癒されている人も少なくないと思います。そんな可愛い動物たちの中でもひときわ人気なのが、カワウソのちぃたんです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

カワウソサンドはいかがですか? pic.twitter.com/ktPMmHVXPB

— カワウソちぃたん☆💙 (@love_otter_love) 2017年8月10日

飼い主さんが管理する「カワウソちぃたん☆(@love_otter_love)」というツイッターアカウントもあるちいたんは、2017年4月10日生まれの女の子。二匹の先住ネコさんたちと一緒に暮らしています。

ちぃたんの飼い主さんによると、カワウソを飼うきっかけとなったのが吉田戦車さんのカワウソ君。出会って以来ずっとカワウソが好きで何十年もカワウソを思い続けてようやく叶ったという事です。犬やネコよりもお世話やしつけなど遥かに大変だそうですが全く苦にならないと言い切っていらっしゃる飼い主さん。ちぃたんに対する愛情がとても深いのがよく分かります。

ちぃたんをお迎えしたのは数十年仲良くしている日本国内の専門の方からだそうです。フェレットはよくペットショップでも見かけますが、カワウソさんをお迎えするには余程強い思いがないと難しそうですね。密輸が多い生き物だけにかなり慎重になられたという事です。
人気爆発中!可愛すぎるカワウソのアイドルちぃたんにメロメロ写真右側が生まれたての時のちぃたん

さて、筆者は猫を二匹飼っていますがちぃたんのうちにも猫が二匹。うちの子みたいなヤンチャ姫だと狩りのおもちゃにされそうで他の小動物に手を出すなんてなかなか考えられないのですが、ちぃたんのところのネコさんたちはというと……

「幼い頃から超がつくほど穏やかでネコっぽくなく性格がゆったりしていますので、安心してほかの動物を見せれますので大丈夫でした。
もちろんいきなり、ご対面!というわけではなく、最初はケージ越しでお互いが慣れる時間は充分に取りましたが。」とのお話。
なるほど、猫たちの気質にもよりますよね。今ではネコさんたちが尻尾でちぃたんと遊んであげたりする光景も見られるようになりました。

優しくカワウソをあやしてあげるネコ pic.twitter.com/tHVS9i86zS

— カワウソちぃたん☆💙 (@love_otter_love) 2017年8月4日

ところで、カワウソって水辺の生き物のはずなのにちぃたんを見ていると何だか水が苦手そう……。少しずつ風呂桶に水を入れたりしながら慣らしていっているようです。

初めてのお風呂が怖くて、人間の子供みたいに泣いちゃうカワウソちぃたん☆ pic.twitter.com/WJbidI89Vt

— カワウソちぃたん☆💙 (@love_otter_love) 2017年8月12日

「お風呂ですがまだ最初は怖いようですが、それとは裏腹に少し楽しみにしているような素振りも見せます。泳ぎも達者になってきて周囲に気を配れるようにもなってきております(泳ぎ中に突起物などを見つけ触る余裕)このままお水大好きカワウソになっていくのではないかと思っております。」とのお話で、いずれは一人前のカワウソとして立派な泳ぎを見せてくれる様になりそうです。

このかわうそのちぃたん、ブログYoutubeでも大人気ですが、何とテレビ出演もしています!
カワウソちぃたん☆が行くホントの日本」という千葉テレビが製作している番組で、何とナビゲーター役で大抜擢!ローカル番組ですがバックナンバーを動画で視聴する事ができるそうなのでこちらも是非チェックしてみて下さいね!

<記事化協力>
カワウソちぃたん☆(@love_otter_love)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

甲斐犬にウイッグをかぶせると……洋犬に変身!?
お見事!芸術作品に大変身した滝沢スイカをみんな見てー!
【閲覧注意】タブレットに仕込まれた恐ろしい罠の顛末【恐怖画像】

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。