ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「たけしの挑戦状」初の公式グッズTシャツ・タオルが発売決定

「たけしの挑戦状」初の公式グッズTシャツ・タオルが発売決定

タイトーが1986年に発売しコアなファンを獲得した「たけしの挑戦状」のスマホゲーム化を記念して、発売から31年目にして初となる公式グッズのTシャツとマクロファイバータオルを2017年秋発売します!

また、アプリ版には新要素「あめりか」ステージ、「ひんたぼ語検定」が追加され、遂に8月15日から配信されます!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

「たけしの挑戦状」は懐かしのゲームタイトルをスマートフォンアプリとしてリバイバルするブランド「TAITO CLASSICS」(タイトー クラシックス)にて配信されることが発表され物議を醸したのは今年4月のこと。

Tシャツは「社長室」「スナックあぜみち」など、ゲーム内のさまざまな場面をスタイリッシュに配置し仕上げたファン垂涎のデザイン。マイクロファイバータオルにはゲームオーバー時の、葬式の鯨幕が印象的なグラフィックを採用。「たけしの挑戦状」のシュールな世界観をそのまま再現しています。どちらもファン必携のアイテムですよ!
発売日・販路等は、今後「タイトー クラシックス」公式サイトで発表されるので、ファンはチェック必須です!

また、アプリ版で追加される新要素では、新成田空港から「あめりか」に旅立てるようになりました。
「あめりか」ではブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住んでいるかもしれないタワーなど「あめりか」らしい場所が登場します。
ステージのBGMは、タイトーのサウンドチーム「ZUNTATA」による新曲でファミコン風8bitサウンドの新BGMを楽しめちゃうそうですよ。
ゲーム本編の進行には関係ない寄り道要素ですが……タワーの最上階まで上ると有名人に出会えるかもしれません!


そして、同じく新要素「ひんたぼ語検定」が実装されます。ひんたぼ語とは、本作に登場する南の島・ひんたぼ島の住民が話す言語で、日本語として解読するには特殊な変換が必要になる、本作オリジナルの言語です。
検定を受けることで、プレイヤーのひんたぼ語力が1級から10級で認定され、結果をSNSでシェアすることができます。夏休みのラストは、この伝説のファミコンゲームの難解な世界を遊び歩いてみてはいかがでしょうか?

(C)TAITO CORPORATION/ビートたけし 1986, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

(大路実歩子 / 画像提供・株式会社タイトー)

関連記事リンク(外部サイト)

事前登録で既に人気爆発!?意識高い系ワード擬人化RPG『キルドヤ』スマホ版公式サイト公開!
都市開発ゲーム『シムシティ』の政治塾講師に東国原英夫氏決定 募集期間が8月6日まで延長
クレーンゲームで化石が発掘出来る!化石キャッチャー復活

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy