ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・ハーディ主演のスパイダーマンのスピンオフ映画『Venom(原題)』、リズ・アーメッドが出演交渉中

リズ・アーメッドが、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる映画『Venom(原題)』に出演する交渉の初期段階にいるようだ。

映画『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ映画となる同作の監督はルーベン・フライシャーが務め、トム・ハーディが主演する。

アーメッドが演じる役の詳細はまだ明かされてないが、複数の情報筋によると、マーベルの人気キャラクターを演じるようだ。米ソニーは、出演者についてコメントを控えている。

米ソニーはすでに、『Venom(原題)』はスパイダーマンの世界を描く映画ではなく、単独作映画となることを明かしている。

スコット・ローゼンバーグ(映画『ジュマンジ』)、ジェフ・ピンクナー(映画『The Dark Tower(原題)』)が同作の脚本を執筆し、アヴィ・アラッドとマシュー・トルマックが、エイミー・パスカルと共にプロデュースする。パラク・パテルとエリック・ファインマンが、コロンビア・ピクチャーズ側の監修を担う。

『Venom(原題)』は、2018年10月5日に米劇場公開する。

ヴェノム(Venom)は、1988年に登場して以来、『スパイダーマン』シリーズにおいて最も人気のあるキャラクターであり、ヴェノムを中心とした映画製作は米ソニーにとって最優先事項となっていた。ヴェノムは、サム・ライミが監督を手掛けた映画『スパイダーマン3』で映画初登場し、トファー・グレイスが演じた。

マーベル・コミックの中でヴェノムは、スパイダーマン、アイアンマン、デッドプール、ハルク、他のマーベル・コミックスのキャラクターたちと共に登場してきた。

アーメッドにとって今年は、テレビと映画の両方で最高の年となっている。批評家から絶賛された米HBOのテレビシリーズ『The Night Of(原題)』に出演し、2017年全米映画俳優組合賞(SAG)とエミー賞にノミネートされた。その後、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演し、映画『ジェイソン・ボーン』でマット・デイモンの敵役を務めた。

その他には、トロント国際映画に出品された映画『The City of Tiny Lights(原題)』にも出演した。また、米Netflixのドラマシリーズ『The OA(原題)』で同役を再演し、米HBOのテレビシリーズ『Girls/ガールズ』の最終シーズンにゲスト出演し絶賛された。アーメットは、ジェイク・ギレンホール、ホアキン・フェニックス、ジョン・C・ライリーが出演する映画『The Sisters Brothers(原題)』の撮影を終えたばかりだ。

アーメットは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、英ゴードン・アンド・フレンチのケイト・ブライデンと代理人契約を結んでいる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。