ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【04 Limited Sazabys】 『Human Communication tour』 2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST

 『Human Communication tour』はリリースに関係なく、行ったことがない土地、出会いを求めて対バン相手を選び、新たな刺激を生み出したいという主旨で組まれたツアー。トップバッターは寝屋川発のガールズバンド、yonigeが登場。サポートは元toricotのkomaki(Dr)が務め、牛丸ありさ(Vo&Gu)のクールな歌声を金看板に、ごっきん(Ba&Cho)のグルービーな極太ベースが楽曲を力強く牽引。どこか陰のある切ない美メロに胸を打たれた。続く岡崎体育は激しいダンスとともに、仕掛けやフック盛りだくさんの楽曲を次々と繰り出す。1曲終わるごとに場内は異様なザワザワ感に包まれ、観る者を骨抜きにするエンタメ性を発揮。
04 Limited Sazabys (okmusic UP's)

 さぁ、この個性極まる対バン勢に04 Limited Sazabysはどう立ち向かうのか? 歌モノの「Letter」、2ビートの「climb」とワンツーパンチのごとく幕開けでスタートし、序盤から湯気が立ち昇る大沸騰ぶり。それもそのはず、演奏にドシッとした安定感が備わり、天高く突き抜けるGEN(Vo&Ba)の少年のような声はより一層冴え渡っていて、半年前に初の日本武道館公演を終えたことで自信を漲らせているよう。その上で「nem…」のアウトロで遊び心を見せたりと、枠に収まらない自由度も獲得。

 そして、中盤の「Night on」〜「mahoroba」の大人びた曲調の連打にも大興奮。また、「Feel」の爆発的なエモーション、さらにアンコールで披露した「Horizon」は自分の可能性を信じ、まだ見ぬ場所を目指そう!と語りかけてくる、底なしの楽曲エネルギーに感服した。
撮影:Viola Kam (V’z Twinkle Photography)/取材:荒金良介
セットリスト
【yonige】
1.さよならプリズナー
2.our time city
3.アボカド
4.センチメンタルシスター
5.さよならアイデンティティー
6.最愛の恋人たち
【岡崎体育】
1.Explain
2.Walk Of Death
3.Voice Of Heart2
4.FRIENDS
5.Q-DUB
【04 Limited Sazabys】
1.Letter
2.climb
3.fiction
4.escape
5.days
6.nem…
7.labyrinth
8.ghost
9.Night on
10.mahoroba
11.Grasshopper
12.imaginary
13.Feel 
14.monolith
<ENCORE>
1.Horizon
2.Terminal
04 Limited Sazabys
フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。16年4月2日&3日に地元・名古屋のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催した初の主宰野外フェス『YON FES』は計2万人を動員。9月に2ndフルアルバム『eureka』をリリース。17年2月11日に行なった日本武道館でのワンマンライヴは即日完売と成功を収め、同年4月1日&2日には2年目となる『YON FES 2017』を開催した。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy